ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

天満宮の養蚕額。[佐野市]

佐野市です。
小見町にある「天満宮」にやって参りました。
午前中のこの時間、少し逆光です。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

「鳥居」をくぐり、右手に進むと「拝殿」。
手前右に「手水舎」があります。


天満宮の養蚕額。[佐野市] 天満宮の養蚕額。[佐野市] 天満宮の養蚕額。[佐野市]
(写真はクリックで大きくなります。)

「狛犬」クンと、「境内社」。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

裏にまわって「本殿」です。
トタンの覆屋で守られています。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

そして、
この神社さんで興味深かったのはコレ。
拝殿に掲げられた額ですっ。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

天満宮の「養蚕額」!


=== 案内板より ===
養蚕額 1面
縦85cm 横165cm
この額は、昭和3年(1928)10月、小見養蚕組合で、
養蚕の振興を願って、天満宮へ奉納したものである。
桑切り、桑くれ、運搬、おこ上げ、繭かき等の
養蚕作業に従事する男女19人と、運搬する馬1頭が描かれている。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

画家は、当時の小見新宿に住んでいた郷土画家の清水秋塘で、
後に出流原に移り住み、そこで没したといわれる。
養蚕業の衰退した現在、
当時の養蚕作業の様子を知ることができる資料として貴重である。
云々。。。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

昭和初期の養蚕の仕事の風景。
皆さん、仕事に精を出してます★
うちのおばあちゃんも、あんな割烹着を着てたなぁ。。。

ナニゲに面白い養蚕額。
勉強になるなぁ。。。


天満宮の養蚕額。[佐野市]

境内にあった紅梅の木。
ちらほらと花を咲かせていました♪
小見町の天満宮です。



【天満宮】
@栃木県佐野市小見町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する