ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

那須湯本、殺生河原にて。

那須湯本「殺生河原」です。

たくさんのお地蔵様がいらっしゃいます。
千体地蔵」。


那須湯本、殺生河原にて。

手が大きいんです。
可愛らしいお地蔵様たちが並びます♪


那須湯本、殺生河原にて。

この千体地蔵の先にあるのがこちらです。
教傅地蔵 きょうでんじぞう」。

教傅地蔵には「教傅地獄」と呼ばれる
恐ろしくも悲しく、そして不思議な伝説が残されています。

===
教傳地獄の由来
第96代後醍醐天皇の御代(1318~39)、奥州白河在の五箇村に蓮華寺と言う寺があり、
「教傳(きょうでん)」と言う小坊主がおりました。
この教傳は生まれながら悪童で、心配した母がこの寺に預かってもらうことにしたのでした。
その教傳も28歳になって前の住職の跡を継ぎ、母と一緒に寺に住むようになりましたが、
その行いは少しも直りませんでした。
延元元年(1336)のことです。教傳は、2・3人の友人と一緒に、
那須温泉に湯治に行くことになりました。その日のことです。
母が用意した朝食を、教傳はまだ旅仕度も出来てないのにと悪口を言いながら蹴飛ばして、
そのまま出発してしまいました。

那須温泉に着いた教傳達は、殺生石を見学しようと賽の河原付近まで行くと、
今まで晴れわたっていた空がにわかに掻き曇り、雷鳴が天地を揺るがし、
大地から火炎熱湯が噴き出しました。
連れの友人は一斉に逃げ去りましたが、教傳は一歩も動くことが出来ませんでした。
友人が振り向いて見ると
「おれは、母の用意したお膳を足蹴りにした天罰をうけ、火の海の地獄に堕ちて行く」と、
大声をあげ苦しみもがいております。
友人が駆け寄り助けようと引き出しましたが、教傳の腰から下は
炭のように焼けただれており息を引き取ってしまいました。
それからも教傳の引き込まれたところには泥流がブツブツと沸いていましたが、
いつしか山津波に埋まってしまいました。
その後、湯本温泉の有志が享保5年(1720)に地蔵を建立して供養を行いましたが、
親不孝の戒めとして、参拝する者が後を絶たなかったと言うことです。
なお、現在の地蔵は、昭和57年に建立されたものです。
云々。。。


怖い話です。。。



以前の記事はこちらから。
殺生河原の風景。[盲蛇石と湯の花採取場跡]

【殺生河原】
@栃木県那須郡那須町湯本

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する