FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

野口雨情 雨情茶屋 どらやき

どら焼きを買ってきまして、只今食べているところです。
シンプルでとても美味しいこの「どら焼き」。
販売されているのは宇都宮市にある雨情茶屋さん。
和菓子専門のお店です。
雨情茶屋。。。
雨情、うじょう?!。。野口雨情!
そうなのです。雨情茶屋さんは野口雨情の旧居の隣
同じ敷地内にあります。
(いつも話しのふり方がベタでスミマセン。。。)

野口雨情さんのお住まい-2

野口雨情さんのお住まい


=== 案内板より ===
雨情旧居
野口雨情先生は昭和19年1月大戦末期の戦禍を避けるため、
ここ宇都宮市鶴田町の羽黒山麓に居を移し、悠々自適の生活に入られました。
つる夫人と共に果樹、養鶏等を楽しみ、晩年の日々を過ごしておられましたが、
不幸にして病に倒れ、手厚い看護にもかかわらず、
同20年1月27日、家族や詩を愛する人々にみとられながら、
ここで62才の生涯をとじられました。
その後、先生の徳を偲ぶため、門弟や近隣の人々をはじめ、
多くの人々の力によって昭和33年4月、敷地の一隅に「あの町、この町」の詩碑が建てられ、
また昭和40年4月には、宇都宮雨情会によって、先生がこよなく愛された松の木「雨情の松」の下に、
先生愛用の筆と硯を納めた筆塚が建立されました。
この旧居はほとんど当時のままに大切に保存され
往時を偲ぶことができます。

茨城に生まれた野口雨情さんは、晩年、宇都宮で過ごされたのですね。
♪かぁ~らぁすぅ~
なぜなくのぉ~
からすはやぁ~まぁ~にぃ~。。♪
と口ずさんだものです。
懐かしいなぁ。

また来よう、雨情旧居。

野口雨情旧家
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/356-0b19fc86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック