ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

旧文武学校と白井家表門。[長野市]

宝物館、真田邸に続いてはこちら、
文武学校」です。


=== 案内板より ===
史跡 旧文武学校
この学校は、松代藩の藩校として、第8代藩主真田幸貫が
水戸の弘道館に範をとって建設を計画し、第9代幸教がこれを引きついで
嘉永6年に完成、安政2年(1855)に開校したもので、
明治に入り兵制士官学校を併設しましたが、明治4年(1871)廃藩にともない
閉校になりました。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

この学校での教育は、藩士に対し文学(学問)と武道の両道をめざし、
漢学、国史、剣術、槍術、柔術、弓術をはじめ、特に西洋医学、
西洋砲術を教育したところに時代を先取する気風がうかがえ、
後に幾多の人材を輩出しています。

旧文武学校と白井家表門。[長野市] 旧文武学校と白井家表門。[長野市]

明治6年から松代学校々舎などに使用され、正庁(文学所、御役所)、東序、西序、
剣術所、柔術所、弓術所、文庫蔵、番所、門及び柚塀等の建物が残っており、
昭和48年より5か年をかけて保存修理と、腰掛(供侍)土塀などを復元施工したもので、
全国的にも藩校当時の姿を残す一つであります。
云々。。。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

===
弓術所
射芸を指南する道場で、開校時の日割表によると、
射芸は8人の師範が教授にあたっている。2流4派7師範家が
担当していたといわれる。
文久3年(1863)に藩から命令がでて、弓術の授業も柔術とともに行われなくなった。

松代学校時代は、はじめ教室にあてられていたが、その後理科室、
第1音楽室などに使用された。
矢場は、平成8年に絵図面をもとに復元されたものである。
云々。。。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

===
剣術所
剣術を指南する道場で、日割により剣術各流派を学ぶことができた。
剣術は、槍術とともに選択科目とされ、どちらかを習得できるよう
義務づけられていた。

松代学校時代は、初め教室にあてられ、その後は東体操場、手工室兼図画室、
工作室などに使用されてきた。
この建物の天井組みは、大きな寺・城などのように、和小屋組みの四重梁となっており、
屋根の荷重を支えるために太い梁を組み合わせてある。
云々。。。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

そして、「白井家表門」。


===
旧白井家表門
この表門は、もと表柴町に建っていましたが、平成12年に現在地に移築
復元しました。建築年代は、松代藩文書などから弘化3年(1846)であることが
わかりました。

白井家は松代藩の中級武士であり、真田家家中明細書によると、
白井初平が高百石、元方御金奉行、御宮奉行などを務めました。
子の平左衛門も文武学校権教授に出仕し、また、佐久間象山との親交も
密にしています。


旧文武学校と白井家表門。[長野市] 旧文武学校と白井家表門。[長野市]

表門は三間一戸門形式の長屋門で、門部は太い槻(つき)の角材で
つくってあります。間口が20m余の巨大な門で、背面に3つの居室部を付設し、
白井家の陪臣(ばいしん)武士などが居住したとみられ、
門に住宅が続いているのも珍しい例といえます。
桟瓦葺の大型な長屋門は、松代藩では、天保期から多くなりますが、
それ以前には茅葺の門が一般的であったようです。


旧文武学校と白井家表門。[長野市]

旧白井家表門は、長大な間口に対して、屋根を低くおさえ、
正面は間口の左右に出窓と与力窓のみの単純構造で、意匠性が秀抜です。
松代藩中級武士の代表的な表門として、旧松代城下の面影を
今に伝える貴重なものです。
云々。。。


これだけの施設が良く保存されているものだなー、と
感心してしまいました。
松代町。まだまだ観たりないですネ。
きっと、また来ちゃうんだろうな~。



以前の記事はこちらから。
旧樋口家住宅。[長野市]

【旧文武学校】
@長野県長野市松代町松代

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する