ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

旧樋口家住宅。[長野県長野市]

旧樋口家住宅。[長野県長野市]

=== 案内板より ===
旧樋口家住宅(主屋・土蔵・長屋)
樋口家は江戸時代、真田藩士として目付役などを務め、
江戸時代末期には禄高230石の上級武士の家であった。


旧樋口家住宅。[長野県長野市]

その歴史は樋口家文書「樋口家譜略伝」(明治14年)によると、
武田家の家臣であったと伝えられている。
当初住んでいた場所は不明であるが、樋口家文書から、明和2年(1765)
6代樋口角兵衛邦蕃の時に現在地へ移り、近年まで続いていたことがわかる。

主屋は木造平屋建、寄棟造、茅葺。
文久2年(1862)に修理されたことが判明しており、少なくともそれ以前の
建物であることがわかる。
桁行14.53メートル、梁間7.26メートル、延べ床面積139.91平方メートル。


旧樋口家住宅。[長野県長野市]

旧樋口家住宅。[長野県長野市]

土蔵は、木造二階建、切妻造、瓦葺。
棟札から元治元年(1864)の建築とわかる。


旧樋口家住宅。[長野県長野市]

旧樋口家住宅。[長野県長野市]

長屋は、木造平屋建、寄棟造、茅葺。
壁の下張に大正期の新聞が使用されていたことから、
大正期以降にここに建てられたと推測される。
また、主要部材の痕跡から江戸期の部材を再度利用し
建てられていたことがわかる。


旧樋口家住宅。[長野県長野市]

旧樋口家住宅。[長野県長野市]

雑木林となっている池の南側は畑として使用されていた。
建物のみならず、庭園等によって構成される屋敷構えが
一体として残されており、貴重である。
云々。。。


武家屋敷町の中心にあった、
上級武士・樋口さんのお宅でした★



以前の記事はこちらから。
新御殿(真田邸)。[長野市]

【旧樋口家住宅】
@長野県長野市松代町松代

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する