ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

長野県松代、真田宝物館。

前回「松代城」に来た時は、
時間の都合で寄ることが出来ませんでした。
長野市松代にある「真田宝物館」。

宝物館というくらいですから、
真田家にゆかりのあるお宝がこれでもか、というくらいに
展示、公開されています♪
ただ、館内の写真撮影はNGであります。
それでもそれでも、一見の価値はあります~、もちろんっ。


=== リーフレットより ===
真田氏について
真田氏は、現在の上田市真田町が発祥の地で、真田郷を苗字の地とする
滋野姓海野氏の一族です。
真田氏の中で歴史上明確にその存在が確認されるのは、戦国時代の
真田幸綱(幸隆)の頃からです。


幸綱は武田信玄のもとでその才能を発揮し、名をとどろかせました。
幸綱の長男・信綱と二男・昌輝が長篠の戦いで共に戦死すると、
三男・昌幸が真田家を継ぎ、上田城の築城など、真田家繁栄の
基礎をつくりました。

昌幸は、長男・信之、二男・信繁(幸村)と共に、戦国乱世の中で
武略と奮戦によって、武門真田の名を高めました。
慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは親子・兄弟分かれて戦い、
徳川の天下となって以降、信之は父の上田領を与えられ、
昌幸と信繁は現在の和歌山県九度山に蟄居させられました。
昌幸はこの地で亡くなり、信繁は大阪冬の陣で徳川軍を悩ませ、
夏の陣で戦死しました。

元和8年(1622)に信之は上田から松代10万石の藩主として移り、
その後、松代藩は真田氏により10代約250年の間、信濃の雄藩として
治められました。
云々。。。


長野県松代、真田宝物館。

===
真田宝物館と真田邸について
真田宝物館は松代藩主・真田家に伝わった大名道具を収蔵・展示しています。
昭和41年、12代当主・幸治氏より埴科郡松代町(現長野市)に真田邸及び
伝来の道具類が一括で譲られ、これを契機として真田宝物館は開館しました。

真田家に伝えられた道具は古文書や武具、茶器、婚礼道具など多岐にわたり、
年数回の展示替えを行い、公開しています。
云々。。。


かなり見入ってしまいましたっ。
来年の大河ドラマも真田丸ですし、
盛り上がってます~。



以前の記事はこちらから。
松代城跡。[長野市]

【真田宝物館】
@長野県長野市松代町松代

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する