FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

栃木県小山市の小林酒造サン。
3年前から始まった「くるくるプロジェクト」!!
三年前の飲食店サンとの忘年会に専務の小林さんも出席して
本格焼酎人気の中で日本酒も広めていこう!!と持ち上がった話から
自分達でも日本酒造りのお手伝いをし、日本酒を感じよう!!と。
今年で3回目!!今年も行ってきました。

くるくるプロジェクト -1
今回は、BECCANブログにも登場している足利市の某飲食店サンと
太田市の某飲食店サンとで行ってきました。
日本酒蔵の仕事って何回参加しても大変さを感じます。
何が大変!?って。。。

くるくるプロジェクト -2
自分達はたまにしか行かないので、普段している仕事と違う職種にワクワクしてしまうけれど。。。
毎日毎日この作業をしているのだなぁと思うと頭が上がりません。

今回は、蒸し上がった酒米を放冷機に移して中腰での作業。
酒米を冷ましつつ、バラバラに細かくしていきます。
この時点で細かくしていかないと苦味が出てしまうそうです。
「美味しくなぁれ、美味しいお酒になぁれ。。。」と呪文を唱えながら
40分を2セット!!
時々腰を上げないと。。。辛いのです。
この酒米をセッセッコと二人一組でタンクまで運びます。

くるくるプロジェクト -4
その作業が終わると今度はピンクの発泡酒の瓶詰めです。
小林専務自ら指揮をとりながら、自身でもお仕事。。。
春の近いこの季節。
ピンクの発泡酒って花見の季節にはぴったり。

このピンクの発泡酒って小さなタンクでチマチマ造らないと
ピンク色に仕上がらない、ちょっと手間のかかる子なのです。
以前インターネットでこの発泡酒についての批判があったらしく
小林さんも手間が掛かってこの評価かぁと落ち込み
造りを辞めようかと少し悩んだ時があったらしいのですが、
ピンクの発泡酒なんて、なかなかでないもの。
批判に負けることなく造ってやるぅと奮闘して今年も出しました!!
味わいはトロ~と甘く、舌の上ではじけていく感じ!?
この発泡酒見ていたら花見をせずにはいられなくなりました。
今年はこのお酒でほろ酔い。
泥酔しないように気をつけないといけませんね。

くるくるプロジェクト -3
と少し話がずれましたが、
日本酒が出来るまでの過程・工程を見せてもらいながら、
小林酒造さんの造りを手伝いながら、
くるくるプロジェクトチーム(?)は小林酒造さんに行っています。
自分たちが携わっているお酒が、美味しい!!と言われると
本当に自分たちが褒められている気分になります。

今年で3回目!!
気持ちを変えることなく手伝い、造り続けて行きたいものです。
店長入魂の酒!!とくとご賞味下さい。
後悔はさせません!!
だって気持ちが入っているのだもの。

BY PECCAN店長


小林酒造
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/353-7a9fc01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
職種・業種一覧!仕事選び!人気ランキング・賃金!
2007/03/28(水) 01:09:08 | 職種