ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

村上市、おしゃぎり会館。

村上市にある「おしゃぎり会館」です。
おしゃべりじゃないですョ、おしゃぎりです。

「おしゃぎり」と呼ばれる山車を展示してある郷土資料館であります。


=== 案内板より ===
「おしゃぎり」とは
「おしゃぎり」とは、村上では「お祭りに引き回される屋台(山車)」のことを言います。
そのいわれは、今からおよそ270年前頃(享保19年)のお祭りの様子を
記録した文書に「しゃぎり屋台も町々この頃は初めて種々たくみを尽くし、
壮麗を極めて、年々あらたにできたり・・・」と書き残していることから、
この「しゃぎり屋台」と言われていたものを「おしゃぎり」と言い伝えてきたことに
よると思います。


村上市、おしゃぎり会館。

また「しゃぎり」の意味は、日本国語大辞典には、「民俗芸能や祭礼などの
練りもの行列の途中で笛に太鼓・鉦(かね)をまじえて奏する囃子(はやし)」
と記されていることから「しゃぎり」とは、もともとは村上祭りにかなでられる
「おはやし」をさしていたものと思われます。
云々。。。


市内の町ごとにいろいろなおしゃぎりがあるようです。
これは大工町のもの。

===
大工町
運行順・4番目、 制作年代・寛政8年(1796)
乗せ物・高砂、 見送り・松
大工町は、町名の示すとおり、昔は大工さんが大勢住んでいた町で、
屋台の構造や技法に、職人の技がしのばれます。
特に少人数でも曳き回しができるように、軽量化の工夫が施されています。
乗せ物は謡曲の高砂の翁(尉)と姥で、夫婦の和と長寿を意味しています。
云々。。。


村上市、おしゃぎり会館。

上方町屋台の見送り。


村上市、おしゃぎり会館。

===
大町
運行順・2番目、 制作年代・明治7年(1874)
乗せ物・諌鼓に鶏、 見送り・なし
大町の屋台は、明治5年の大火で焼失後、焼け残った部材を活かし、明治7年に
再建され、昭和9年には新たに彫と塗りが施されました。乗せ物は諌鼓に鶏で、
諌鼓とは昔中国で君主に諌言したいものに打たせた太鼓の事で、
鶏はその太鼓が必要のない意味を表現し、平和の象徴とされています。
また、江戸時代初期に大町の人が、羽黒神社を現在地に移したお祝いに、
お城から大八車を借りて太鼓を乗せ、城内を曳き回したのが、村上大祭の始まりと
伝えられています。
云々。。。


村上市、おしゃぎり会館。

===
上町
運行順・7番目、 制作年代・嘉永3年(1850)
乗せ物・大梵鐘、 見送り・双龍
上町の屋台は、当時町内にすんでいた村上の名工「有磯周斎」が中心となって
制作したもので、その彫刻は近世村上彫刻の粋を集めたものといえます。
乗せ物の大梵鐘には「寛永十年六月吉日」「羽黒大権現」という銘があります。
この寛永10年(1633)は、羽黒神社を臥牛山の麓から現在地に遷宮した年であり、
村上大祭の起源となる年でもあります。なお、大梵鐘はもちろん木製です。
云々。。。


村上市、おしゃぎり会館。

===
村上大祭の荒馬
1588年(大正16)ときの村上城主本庄繁長公が出羽庄内を平定し、
羽黒山のご分霊を奉じて凱旋したときの姿を模したものである。
村上大祭の神輿のご巡行には庄内町の少年が武将の馬印を背にたて、
浅葱染の衣装に古羅紗の腹掛、手甲、脚絆の姿も凛々しく、葦毛、青毛、鹿毛、
栗毛の轡をならして荒馬14騎が前駆し、掛声勇ましく行進する姿は圧巻である。
云々。。。


村上市、おしゃぎり会館。

村上市、おしゃぎり会館。 村上市、おしゃぎり会館。

2階の展示場には刀剣や甲冑、兜・鎧、
村上城の関連資料などが展示してありました。


村上市、おしゃぎり会館。

===
鉄砲狭間のある「戦国時代の村上城(村上要害)」復元模型
この模型は、戦国時代の村上城遺構調査の結果と瀬波郡絵図に想像も加えて
作製したものである。
調査によると、防御施設としての石垣は組まれず、山頂の本丸や櫓も木造で、
屋根は板屋根か茅葺であったと思われる。
そして、どの建物にも「鉄砲狭間(鉄砲を発射かる小窓)」が作られ、
当時の戦の様子も伺える。

村上城西側斜面(村上町側)は急峻であり、特に防御施設を必要としなかった
と思われるが、東側斜面(国道7号線側)は緩斜面のため城の搦め手
(相手の攻めやすい弱点)となり、防御施設を必要とした。
東側斜面に見られる6本の縦堀と数段にわたる桟敷状の台地は、その遺構である。


村上市、おしゃぎり会館。
「瀬波郡絵図」

また木柵で囲まれた根小屋と呼ばれた建物は、西側山ろくに城主の居館と政庁、
それに隣接しているのは重臣の建物と思われる。この頃はまだ
一般の家臣の屋敷は城下には集住していなかったと思われる。
(農兵分離が進んでいなかった)

戦国時代、村上城(村上要害・本庄城)は、永禄11(1568)年に上杉謙信に離反した
本庄繁長が篭城戦を挑み、落城しなかったという難攻不落の城でも知られている。
云々。。。


おしゃぎりと村上の歴史。
勉強になる~。
興味シンシンになってしまう資料館でありました!



以前の記事はこちらから。
笹川流れ。[新潟県村上市]
以前のおしゃぎりはこちらから。
岩船大祭の宵宮にて。。。  村上市★岩船神社

【おしゃぎり会館】
@新潟県村上市三之町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する