ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

中野陣屋跡。

「高梨館跡」に続いてやって参りました。
中野陣屋跡」であります★
陣屋から引き続き、県庁としても使用された歴史的な建物。


中野陣屋跡。

=== 案内板より ===
中野県庁跡(中野陣屋跡)
幕府領中野陣屋(代官などの支配地における役宅や屋敷)があった所。
陣屋がここに置かれたのは、織田信長死後の上杉陣屋を初めとすると伝えている。
陣屋が置かれたことが確実となるのは、元和2年(1616)幕府代官陣屋以降である。

中野陣屋は、慶応4年(1868)3月天朝御料尾州取締所、同年8月
伊那県中野分局として、明治3年9月からは中野県庁として使われた。
ところが同年12月の中野騒動で焼失し、中野町の嘆願にもかかわらず
再建されず、長野へ県庁が移った。


中野陣屋跡。

県庁としてはわずか10ヶ月の命であった。

今では石垣・陣屋井戸・陣屋稲荷が当時の名残をとどめている。
云々。。。


中野陣屋跡。

=== 展示パネルより ===
天領の成立と陣屋の創設
慶長8年(1603)、徳川氏は江戸に幕府をひらき、そののち260年という長期にわたり
政権を存続させた。その財政を支えたのは、徳川氏が全国各地に設置した
天領(将軍の蔵入地)からの年貢などであった。

中野地方に天領が設けられるのは、寛永元年(1624)からである。
このとき金井村と西条村(ともに現中野市)に天領陣屋が置かれた。
中野村は慶安3年(1650)から天領となり、ここにも陣屋が置かれた。

このように江戸時代の早いころには金井、西条、中野の三か村に
天領陣屋が並存する時期があった。
云々。。。


中野陣屋跡。

罪人たちの吟味に使用された責め道具。
「拷問石」と「竹の鞭」。

===
中野陣屋の代官たち
およそ5万石の村々を支配した中野の代官は、平均3、4年ごとに交替した。
そのため、明治維新を迎えるまでの150年余の間に、40人近くが中野代官になった。
幕府政策による指示もあって、領民を苦しめた代官もあったが、
なかには領民との結びつきを深めた代官もいた。
云々。。。


===
安永中野騒動
安永6年(1777)の正月、幕府は年貢金上納の皆済期日を、これまでの
3月から正月に繰り上げると命じてきた。これに腹を立てた百姓たちは、
陣屋のある中野へ押しかけて撤回を要求しようと立ち上がった。
夜間瀬川原に集結した百姓たちの声は、高社山(たかやしろ)を突き崩さん
ばかりの勢いだったという。
中野村では割元(名主兼務)の善右衛門宅を襲い、家屋を打ちこわした。
このほか各地で村名主の家を襲った。松代藩兵約500人が中野に乗り込み、
飯山藩兵約300人が千曲川筋を固めて、首謀者・加担者の探索がされた。
云々。。。


中野陣屋跡。

===
中野陣屋の周辺
天領陣屋のあった中野村は越後(新潟県)へ通じる谷街道と、
北上州(群馬県)へ抜ける草津道が交差する交通上の要地であった。
北国街道の脇往還として物資が輸送され、人びとがさかんに中野を往来した。
云々。。。


中野陣屋跡。

===
中野騒動の経過
中野県が誕生してまもない明治3年(1870)12月19日、高井地方の農民多数が、
小布施北端の砂川に集結した。いわゆる中野騒動(世直し一揆)のはじまりである。
一揆勢の要求は、年貢の減免、助郷廃止、特権商人の告発などであった。
天領時代からの怨恨も重なって、中野県庁だけにとどまらず、特権商人やかつての郡中大、
取締役の家などが狙われることになった。

数千人とも思われる一揆勢は中野町を襲い、
県庁役人の大塚政徳と門番の嶋野半蔵ら2人を惨殺した。
中野町と松川村だけでも520軒余、周辺村々でも120軒余が焼失した。
これは12月19日から12月21日にかけてのできごとだった。
云々。。。


中野陣屋跡。

===
~中野県から長野県へ~
中野県の範囲

中野県の範囲は、中野・中之条(現坂城町)・御影(現小諸市)の3つの旧代官所支配の
「天領」全体で、戸数約3万5000軒、人口約15万5000人であった。
中之条と御影の旧陣屋に、中野県庁分局を置いて支配した。

中野県の役職員
中野県では高石和道大参事のもとで県治体制が進められた。
明治3年(1870)12月、中野騒動がおきて県庁は焼失し、法運寺が仮庁舎となった。
高石大参事は謹慎を命じられた。
明治4年正月、民部省官員であった林友幸(山口藩出身)が中野県権知事に着任したが、
翌2月には立木兼善(徳島藩出身)と交代した。
立木権知事は明治4年5月、善光寺町へ県庁を移し、
長野県と改称したいと政府へ願い出た。
云々。。。


う~ん、深い、
深い歴史がありました。。。

現在の「中野陣屋跡」は、資料室、ギャラリー、カフェを併設した
複合施設となっています。



以前の記事はこちらから。
高梨氏館跡。[長野県中野市]

【中野陣屋跡】
@長野県中野市中央
開館時間/10:00~18:00
入館料/無料
おやすみ/火曜日 (※祝日の場合は開館)、12月29日〜1月3日

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する