ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

佐野市の駅、佐野城跡。

JR佐野駅北です。
駅を出るとすぐ目の前が公園になっていますが、
ここがかつての「佐野城」、「三の丸跡」★

佐野駅からまっすぐ北に向かうエリアが城郭となっています。


佐野市の駅、佐野城跡。

こんな感じですね。
図の一番下、三の丸の南が駅になります。


=== 案内板より ===
佐野城跡
佐野城は、別名“春日岡城”とも言われ、その地名は、延暦元年(782)
藤原藤成がこの丘に春日明神を祭ったことに由来すると伝えられています。
慶長7年(1602)、唐沢山城主佐野信吉は、当時この地にあった惣宗寺
(佐野厄除大師)を移転させるとともに、築城と町割りを開始しました。


佐野市の駅、佐野城跡。
「二の丸跡」

今日見られる佐野の街は、当時の佐野城を中心とした町作りが
その原形となっています。
佐野氏は、慶長12年(1607)唐沢山城を廃してこの地に移りましたが、
慶長19年(1614)所領を没収されて改易となり、
築城後まもなく城は廃城となってしまいました。


佐野市の駅、佐野城跡。
「二の丸から西の方を望む」

城は、独立丘陵を利用した連郭式の平山城で、
南から三の丸・二の丸・本丸・北出丸と直線的に続く郭で築かれています。
これら縄張の主郭部は、全体で東西110m・南北390mの規模を有し、
それぞれの間は空堀で区切られ、内堀へと続いていました。
現在、内堀から外堀の範囲は市街化が進み、完全に埋め立てられていますが、
主郭部は当時の城割の姿を良好に留めており、貴重な歴史文化遺産として
後世に伝えるべく史跡・名勝に指定されています。
云々。。。


佐野市の駅、佐野城跡。
「二の丸にあった佐野桜」

===
佐野桜 さのざくら
この桜は昭和5年(1930)に、京都市嵯峨の佐野藤右衛門氏が
育成した典型的なヤマザクラですが、佐野氏にちなんで
植物学者の牧野富太郎博士が「佐野桜」と命名されたものです。
昭和49年、佐野氏からこの苗木を寄贈されましたがこんなに生長しました。
開花時期は4月中旬と遅いですが、枝は細く花つきがよく、
花びらも12~15枚ある優秀花です。
云々。。。


佐野市の駅、佐野城跡。

佐野市の駅、佐野城跡。
「二の丸と本丸の間にある空堀」


佐野市の駅、佐野城跡。
「本丸跡」

===
佐野城本丸の石畳と石垣
平成4年度の発掘調査で、佐野城本丸から石畳の通路と石垣が発見された。
石畳は、東西2.6メートル、南北5.6メートルほどの範囲で確認され、
東部には水路と思われる幅20センチ、深さ20センチの溝がある。


佐野市の駅、佐野城跡。

石垣は、最も良く残っている部分で、長さ6.4メートル、高さ1.4メートルで、
いずれも細長い角礫を使用している。
この東斜面には井戸跡もあり、石畳と石垣は、ここへの通路の一部であった
可能性が高い。


佐野市の駅、佐野城跡。

出土した石畳と石垣は、形状を損なうおそれがあり、保存のために
埋め戻しを行っている。
現在、埋め戻した石垣と通路に沿って、この付近から出土した石を並べている。
云々。。。


佐野市の駅、佐野城跡。

===
建物跡
本丸の中央部からは、建物跡が発見され、
柱を支える礎石が整然と 等間隔に並べられていました。
建物は南北四間・東西六間以上の規模で、
本丸の主殿に関わる施設であったと考えられます。
この付近からは、桐紋の棟込瓦がいくつも出土しており、
当時佐野家は、豊臣家と深いつながりであったことがうかがえます。
云々。。。


佐野市の駅、佐野城跡。

本丸と北出丸もまた空堀で区切られています。


佐野市の駅、佐野城跡。
「空堀跡」

当時はもっと深かったのでしょう。
危ないから埋めちゃったのかな?


佐野市の駅、佐野城跡。
「北出丸跡」

===
北出丸
この場所は「北出丸」あるいは「鐘の丸」といわれ、本丸の北側を守る場所である。
江戸時代の記録には 東西約36メートル 南北約54メートル
本丸との間の堀幅約14メートルと記されているが、
建造物等の詳細については不明であった。

平成元年に一部発掘調査が行われ、テラスが建設された場所には岩盤をくり抜いた
柱穴と思われる遺構が発見され、多量の瓦も出土し、
「隅やぐら」(見張台)の跡とも考えられる。


佐野市の駅、佐野城跡。

また、西側の階段周辺には、「搦手」(城の裏口)があったと考えられ、
防御の点からも複雑な地形を構成しており、重要な場所であったことが確認された。
云々。。。


佐野城が出来る前、ここに佐野厄除大師があったとは
知りませんでした。
そしてこの佐野城を中心に、今の佐野市の街並みが作られていったのですねー。
すごいな。



以前のお城はこちらから。
金山城長手口の古道。[太田市*ぐんまこどもの国]

【佐野城跡】
@栃木県佐野市若松町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する