ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

八幡原本陣再現。

戦国史に残る名場面。
信玄さんの陣地「八幡原本陣」にて、信玄の不意を突いて斬り込む
上杉謙信。この両雄を再現した〝三太刀七太刀〟の銅像。
おぉ~。。。


=== 案内板より ===
八幡原本陣再現
ここ八幡原史跡公園は、永禄4年(1561年)の第4次川中島の戦いで、
武田信玄の本陣がおかれた場所とされています。


八幡原本陣再現。

信玄は、高坂昌信(春日虎綱)率いる別働隊を、上杉謙信が籠る
妻女山に向かわせ、別働隊に背後を突かれて追われてくる上杉軍を
挟み撃ちにするため、この八幡原に本陣を敷いて待ち構えていました。


八幡原本陣再現。

後世、啄木鳥(きつつき)戦法と呼ばれるこの作戦は、
大河ドラマ「風林火山」の主人公・山本勘助の発案であったとされています。
しかし、信玄の動きを見抜いた謙信は、夜陰に紛れていち早く妻女山を下ったため、
9月10日朝、信玄の本隊は別働隊の到着を待たずに上杉軍との戦端を開きます。
激戦のさなか、謙信が信玄の本陣に攻め込み、信玄に向かって
三太刀斬りつけ、信玄は床几にすわったまま軍配でそれを受けたとされる
「信玄・謙信一騎討ち」の伝説もこの戦いで生まれました。
云々。。。


そして、八幡社のかたわらには、
「執念の石」と呼ばれる穴のあいた石があります。
オジサンがのぞいてますネ。

執念の石。

===
執念の石
武田・上杉両軍3万余の死闘を展開した川中島合戦の最中、
作戦の失敗から緒戦の劣勢を余儀なくされ、
身辺が手薄となった武田信玄めがけて切り込む上杉謙信の鋭い切っ先に、
あわや信玄も八幡原の露と消えようとした間一髪、
武田軍の中間頭原大隈(はらおおすみ)が、傍らにあった信玄の持槍、
青貝の長柄を取って馬上の謙信めがけて、ひと槍突き出した。
苛立った槍は鎧の肩の上にそれ、残念なりと返す槍で謙信の鎧の肩を
斜右上から力いっぱい打下したが、またも外れて馬の三頭をしたたか打ったので、
馬は驚き跳ね上がってその場を狂奔し去ったため、
信玄は危うく虎口を免れることができた。

一方謙信を取り逃がし、無念やるかたない原大隈は、傍らにあったこの石を
槍で突き通したといわれる。
云々。。。


安在所。

===
安在所
この建物は、明治35年5月22日皇太子嘉仁親王殿下(後の大正天皇)が
この歴史的景勝地八幡原の史蹟を御見学の為行啓され
(参道右手に石垣に囲まれた2本の松はその折、殿下が植えられたの)、
その後も県内外より史蹟見学者が多数訪れ、湯茶接待を行うための休憩所
(二間半四方丸木掘立板葺)として使用された建物址である。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
八幡社。[長野市*八幡原史跡公園 (川中島古戦場)]

【八幡原本陣再現】
@長野県長野市小島田町 (八幡原史跡公園内)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する