ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

川中島古戦場 八幡社。

川中島古戦場 八幡社。

「鳥居」。

川中島古戦場の「八幡社」です。
さすがに有名な史跡とあって、平日でもたくさんの観光の方がいらっしゃいます。
こちらの神社さんの境内にも、たくさんの見どころがありました★


川中島古戦場 八幡社。

「手水舎」。

=== 神社手前の案内板より ===
川中島古戦場 八幡社
御祭神 誉田別尊 建御名方命
この神社は八幡社といい、これより先は武田信玄が陣構え、
御加護を仰いだ八幡大神を奉斎する神社の神域となり、
正面手前が旧社殿(鞘堂・さやどう)、奥が現在の神殿であります。

また昔よりこの一帯をこの神の御名に因んで八幡原と称しております。
云々。。。


川中島古戦場 八幡社。

「旧社殿」。

===
川中島古戦場八幡原
川中島合戦今から400年前、天文22年より永禄4年に至る
13年の永きに亘って行はれたが、後世広く伝えられている川中島合戦は
永禄4年の戦いを指している。

この戦は越後の雄将上杉謙信、甲斐の智将武田信玄が
こヽ川中島に雌雄を決せんと武田勢は八幡原に、上杉勢は妻女山に陣をとり、
両軍併せて三万三千余、9月10日未明の霧深い中で信玄の「鶴翼」の配備と
謙信の「車懸」の攻撃で双方死斗を盡し、こヽ八幡原は大修羅場と化した。


川中島古戦場 八幡社。

その中にあって、謙信は只一騎愛刀「小豆長光」を振りかざし
武田の本陣に切り込み不意を突かれた信玄は
軍配で謙信の太刀を受けたという有名な「三太刀、七太刀」も此の処である。
時に信玄41才、謙信32才であった。

この戦で死傷者七千を数え史上最大の激戦で
両将の決戦場こヽ八幡原に現存する土盛りの跡は、武田本陣桝形陣地で
当時の一部を物語っている。

両将の戦術は幾多の戦術研究の指針とし現代戦にも多く応用されたと聞く。
武田の居城海津城は東南四粁の松城に、また賴山陽の「鞭声粛々夜渡河」
で有名な雨宮渡は東側を流れる千曲川の上流約六粁の地点である。
云々。。。


川中島古戦場 八幡社。

「旧社殿のうしろにあるご神木」。

=== もう一つの案内板より ===
八幡社御由緒
鎮座地 長野市小島田町字新田1362番地1
御祭神 誉田別尊 建御名方命
御由緒 祭神の誉田別尊は第15代応神天皇の諱(いみな)で
神功皇后を母とし在位41年に亘り大陸の文化を積極的にとり入れられ、
古代日本の文化の向上、国家の発展に尽くされた御功績が仰がれ
皇室の崇拝する神であるばかりでなく源氏一族をはじめ武人の神、
弓矢八幡と称して全国各地へ勧請され、開拓の守護神、農耕神としても
信仰されました。


川中島古戦場 八幡社。

「拝殿」。

当社においても平安中期、源顕清が信濃の国に流された時、
この地を訪れ広大な景勝の原野に武運長久を祈り
八幡大神(誉田別尊)をご神木の大欅に包まれる鞘堂内のご神殿に
祀られたことから、この広原一帯を八幡原と名づけました。


川中島古戦場 八幡社。

「本殿」。

川中島合戦で破壊された神殿を信玄は、高坂弾正に命じて社殿を再建させ、
その後松代藩真田家が明治維新まで代々祭祀、修繕の管理運営をされました。


川中島古戦場 八幡社。

「境内社と庚申塔、etc。。。」。

現在は明治41年に建御名方命(諏訪大社の祭神)が合祀され、
その御神徳は、必勝、厄除、交通安全、安産、育児などであります。
云々。。。

つづく。。。



以前の記事はこちらから。
首塚。[長野市*八幡原史跡公園 (川中島古戦場)]

【八幡社】
@長野県長野市小島田町 (八幡原史跡公園内)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する