ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

碓氷第三橋梁(めがね橋)

軽井沢から横川に抜ける国道18号線。
くねくねといくつものカーブのある山道です。

こつ然と目の前に現れる廃線となった鉄道の橋梁。
碓氷峠鉄道「碓氷第六橋梁」であります。


=== 案内板より ===
碓氷第六橋梁
横川と軽井沢を結ぶアブト(=アプト)式鉄道が開通したのは、
明治26年(1893)でした。すでに上野~高崎間は、明治17年(1884)に
開通し、19年から21年には、直江津~軽井沢間が開通していたので、
これにより東京と信越を結ぶ鉄道が完成しました。

碓氷峠越えの鉄道は、群馬や長野の蚕糸業に大きな影響を与えただけでなく
近代日本の工業化の推進にも重要な役割を果たしました。

この碓氷線に残された橋梁の一つがこの第六橋梁です。
第六橋梁は、アーチ径間が11.0m、高さ17.4m、頂部長さ51.9mで、
隅角部を切石で補強し高い橋台と片蓋柱と長い側壁を持っています。

長さやレンガの使用量では第三橋梁に次ぐ規模のものです。
云々。。。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

なかなかな鉄道遺産であります。。。
そしてしばらく進むと「碓氷第五橋梁」がありました。


=== 案内板より ===
碓氷第五橋梁
~前略~
碓氷峠越えの鉄道は、群馬や長野の蚕糸業に大きな影響を与えました。
近代日本において、生糸は外貨の獲得のためにも重要な輸出品であり、
製糸業はわが国の工業化を進める基幹産業として大きく発展しました。

この碓氷線に残された橋梁の一つがこの第五橋梁です。
第五橋梁は、アーチ径間が11.0m、高さ8.8m、頂部長さ15.8mで、
補強のため橋台をコンクリートで固めアーチをひとまわり小さくしています。
云々。。。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

そしてさらに進んだところに現れる、巨大な橋梁!
これがかの有名な「めがね橋」の異名を持つ「碓氷第三橋梁」でありますっ。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

それにしても大きいです、高さもありますー。
前回来たの、いつだったかなー。。。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

昔の新聞からの記事でしょうか?
ちょっと面白い案内もありました★
写真が良く見えないのが残念。

===
ここに「めがね橋」が架橋
碓氷馬車鉄道会社は、鉄道局横川停車場に隣り国道に沿いて
停車場を設け、又新軽井沢駅に出張所を置く其間坂本駅、碓氷橋
熊の平、中尾橋の4か所を停車場とす。
碓氷橋、中尾橋の両所に於いて馬の継替をなす所とす。
写真中央にある三本松の右側の屋根に石が乗せられているのが馬の
継替所で、他の建物は工事用。
云々。。。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

===
碓氷第三橋梁(めがね橋)
高崎~間は明治18年(1885)10月、軽井沢~直江津間は、21年に
それぞれ開業しましたが、碓氷線と呼ばれた横川~軽井沢間は、
碓氷峠が急勾配のため、路線決定に紆余曲折し、明治26年(1893)4月開業となり、
高崎~直江津間の全線が開業しました。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

横川~軽井沢間の11.2キロメートルは、1000分の66.7という最急勾配のため、
ドイツの山岳鉄道で実用化されていた、アブト(=アプト)式が採用され、
昭和38年まで走り続けました。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

この碓氷線には、当時の土木技術の粋を集めて、26のトンネルと
18の橋梁が造られましたが、なかでもこの碓氷第三橋梁は
200万個以上のレンガを使用した、国内でも最大のレンガ造アーチ橋です。
云々。。。


碓氷第三橋梁(めがね橋)

「めがね橋」を拝見した後は、
「峠の釜めし」で一服。
橋梁と釜めしに感動した今日であります。。。



以前の記事はこちらから。
めがね橋 碓氷第三橋梁 ★安中市

【碓氷第三橋梁(めがね橋)】
@群馬県安中市松井田町

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/12(月) 18:01 | | #[ 編集]
小川 さま★
はじめまして。
あの〝めがね〟ですネ。
了解いたしました★
コメントありがとうございます!

2016/09/13(火) 10:12 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する