ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

文政7年岳山変事供養観音。

岳温泉です。
温泉街から少し離れた場所に供養観音があります。
文政7年岳山変事供養観音」です。


=== 案内板より ===
文政7年岳山変事供養観音
岳温泉の湯元は、安達太良連峰の鉄山の直下にあります。
この湧出地は貞観5年(863年)には小結温泉神として記述され
明応5年(1496年)頃より繁盛し始め、一般湯治も行われて来ました。


文政7年岳山変事供養観音。

ところが文政7年(1824年)8月15日(太陽暦の9月7日)に
豪雨の為に鉄山の一角が崩壊し湯小屋11軒は土砂に押しつぶされ
二百数十人の死傷者を出す大惨事となってしまいました。
雲堂和尚が寛文10年(1670年)に山止めの祈願に梵字石を刻み、
山神を縛し150年間の山中での歌舞音曲を許し賜って154年目のことです。


文政7年岳山変事供養観音。

この惨事に際し二本松藩では4日間に渡り述べ人員2200人の救援隊を出し
救助にあたりました。藩の正式の記録には死者63人、怪我46人、無事87人の
196人が記されていますがこの被害報告には記録されていない
人別帳(戸籍簿)から抹消された湯女が約100人もいました。
これらの人々で亡くなった方の遺体を深堀村に運び手厚く埋葬し、
安らかなる永眠を願い観音像が立てられています。
云々。。。


文政7年岳山変事供養観音。

観光協会のホームページを拝見しますと、
「湯日」、「十文字」、「深堀」、そして「岳」と、その名称を変えながら、
災害や時代の流れによって移転を繰り返して来た岳温泉。

温泉の歴史の悲しい一コマを垣間見たような気がします。


福島県・岳温泉、深掘温泉場跡。

こちらは
深掘温泉場跡」。


福島県・岳温泉、深掘温泉場跡。 福島県・岳温泉、深掘温泉場跡。

まだ雪が残っていて、
特に何も見当たりませんでした。


福島県・岳温泉、深掘温泉場跡。

現在の岳温泉になる前、
明治3年(1870年)~明治36年(1903)までの間、
〝深堀温泉〟の名で営業していた、岳温泉の前身跡です。。。



以前の記事はこちらから。
岳温泉神社。[福島県*岳温泉]

【深堀温泉場跡】
@福島県二本松市岳温泉深堀

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する