ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

=== 案内板より ===
松風のみち
唐沢山は「むかで退治」の伝説や天慶の乱(天慶2年939年)で、
平将門を滅ぼしたことで有名な藤原秀郷公の居城跡で、
全山アカマツにおおわれ、断崖と深い谷に囲まれた
自然の要害になっています。
云々。。。


八大龍王神。[佐野市*唐沢山城跡]

佐野市にある「唐沢山城跡」です。
レストハウスから枡形を抜け、池の手前にあるのが
八大龍王神」であります。

===
八大龍王神 縁起
唐沢山御祭神であらせられます藤原秀郷公が、京に架かる
勢多大橋を渡る時、橋の中央に息も絶え絶えの大蛇が横たわり、
京の人々は恐れ慄き只遠巻きに見ているだけでしたが、
公は何事もないように大蛇を跨ぎ橋を渡り終えました。

それを見ていた従者が此の人こそ真の勇者と公を呼び止め助けを請いました。
大蛇は龍神様の化身でムカデの毒にやられ敵を討って欲しいのですと
公を龍宮城へと招きました。

夜になると黒き山が動き多くの松明をかざしこちらに向かってくるのが見え、
良く見ると大きな邪悪な目がらんらんと恐ろしく輝き、
龍宮城へと襲いかかってきたのは大ムカデの化け物でした。


公は弓矢の名手でしたので3本の鋼矢を取り、
一の矢を番え敵の眉間の中央に的を絞り放ちましたが、
矢はカチンと跳ね返りました。
急いで二の矢を撃ちましたが同じように跳ね返されました。
公は最後の三本目の矢を「神よ、御照覧あれ」と矢じりにツバキを塗り
全く同じ場所を狙い放ったところ矢は眉間より奥深く射抜き
ムカデはどうと膝まつき息絶えました。

これ以降龍神様は公の傍らに仕え数々の瑞象を表し今日に至り
唐沢山に鎮座まします。

龍神様は家族で行動する処から、家族思いであり、家族愛に溢れ、
敬愛、と恋人同士の深い愛の成就の神、登竜門如く入学、
入社は元より出世を叶えます。
秀郷公の弓矢の名人の誉から狙った的を外さない事から
本命の恋人の心を射たり将来の夢と希望を當的出来る神様であります。
この二神様の力を得る為にここへお参りし祈って「願矢」を奉納すれば叶う事です。
云々。。。


以前の秀郷さんはこちらから。
藤原秀郷公墳墓と田原八幡宮。[佐野市]
以前の唐沢山はこちらから。
唐沢山城跡の土塁。[佐野市*栃本公園]

【八大龍王神】
@栃木県佐野市(唐沢山城内)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する