ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

日光市、五十里ダム。

ちょっと小休止♪
〝川治温泉〟の北に位置する「五十里ダム」です。

いや~、高いっ(汗、、、


日光市、五十里ダム。

その分、眺めもいいっ☆


=== 案内板より ===
鬼怒川の概要
鬼怒川は、栃木県と群馬県の県境の鬼怒沼を水源として、山峡を東に流下し、
栃木県日光市川治温泉において男鹿川と合流し、南下しながら、
いくつかの支川と合流し関東平野へと入ります。
ここから鬼怒川は一路南下し、茨城県の守谷市において
日本で最大の流域面積を誇る利根川に合流しています。

鬼怒川は、上流部では500m~2500mにもおよぶ急峻な山々が連なっており、
河川の勾配もきつく、降雨の影響を受けやすいといった特徴を持っている河川です。


五十里ダム名称の由来について
五十里ダムの名称の由来は、ダム地点が江戸から50里あることから、
「五十里」が地名となり、そこに建設されたので「五十里ダム」となりました。
(1里は約4.0kmあるので、江戸まで約200kmです。)
云々。。。


日光市、五十里ダム。

五十里ダムについて、の石碑もありました。

ダムの目的の他に、その建設にあたって、殉職者28名の犠牲、そして
66世帯、404名の人たちがこの地を去った、といった内容が刻まれています。
ちょっと複雑な気持ちになりますネ。



以前の記事はこちらから。
道の駅湯西川と湯西川橋梁。[日光市]
以前のダムはこちらから。
十王ダムと十王パノラマ公園。[日立市]

【五十里ダム】
@栃木県日光市川治温泉

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する