ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

湯西川温泉、平家落人民俗資料館。

湯西川温泉です。
こちらは「平家落人民俗資料館」。

なかなか興味深い歴史資料が展示されています。
残念ながら館内は撮影禁止。
リーフレットから雰囲気だけでもどうぞ。


=== リーフレットより ===
湯西川温泉は平家落人部落として世に知られているが
今から千年前の天慶年間(940)承平の乱に敗れた侍者、
この地を開いたと云う伝説が残っている。

其の後寿永4年(1185)平家が壇の浦に亡び最後まで防戦にまわり
高官が完全に退却したのをたしかめ京に残ったのであります。


源氏の掃蕩戦が「きびしく」なるにつれ右衛門尉平景定は一党を引つれて
源氏の追補を逃れて、北国に身を隠し一門が西国にて亡びたことを知り
追手が身に迫るのを思い北陸道を北に向い当地に落ちのびたと伝い来る。

そこで当地に独特な民俗文化を作り今日に至ったのであります。

時は流れて文治2年(1186)源九郎義経も都を逃れて奥州藤原のもとに去る。

文治の年も終り建久年の世となれば、頼朝の微力な平家にむける落武者の掃討も
手薄となった。

人の足跡も残すな、煙にも心につけよと語り合ったのも昨日のようにも思われ、
かつての栄華など前世の事のようにただ露命を地につなぐだけの願を
細々と煙りに立てて、楢の葉辺に皆影を沈めて西の夕日が淡く落ちると共に
静かな落人部落が営なまれて来た。

当民俗館には、こうした時代のものと推定される資料が保存されてあり
又残された遺族の使用した太刀・馬具・短刀其の他器具等貴重な資料が
展示してあります。
云々。。。




以前の記事はこちらから。
湯西川、水の郷観光センター。[日光市]

【平家落人民俗資料館】
@栃木県日光市湯西川
営業時間/8:00~17:00
入場料/大人500円、小人300円
おやすみ/不定休

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する