ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

くねくねとしたカーブの続く「いろは坂」。
登りが〝第二〟、降りが〝第一〟いろは坂です。


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

昔は徒歩で、男体山や中禅寺へお参りに登って行ったそうですから、
さぞかし厳しい道のりであったのではないでしょうか。

第一いろは坂。
途中休憩の出来たお茶屋さんの跡が残されています。
二荒山神社 参拝道旧跡「中ノ茶屋跡」です。

参拝道にはかつて、いくつかのお茶屋さんがあったそうですが、
史跡として残されているのは、この中ノ茶屋のみです。
ウムム。。。


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

道をはさんで「石塔」がありました。
石灯篭かな?


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

しばく降りると「剣ヶ峰」という場所に出ます。
〝二荒山神社境内 右般若滝 左方等滝〟と刻まれた石碑。


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

「般若滝」。


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

「方等滝」。


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

そしてさらに降って、もういろは坂もお終いかな?という場所に、
男体山の遥拝所であった「女人堂」が残されています。


=== 案内板より ===
女人堂
男体山は二荒山大神の鎮まる山で神聖なところと信仰されていたため、
牛馬はその地名が示すように馬返しまでで返され、
いろは坂への乗り入れが禁じられた。

また、女性も巫女石の伝承があるようにいろは坂を登ることが禁じられ、
馬返しの先の深沢まで行くことが許され、そこに女人堂を建て
男体山を遥拝したと伝えられ、元々は門であったとも云われている。
古い信仰文化を示す貴重な遺跡である。
云々。。。


第一いろは坂のいろいろ。[日光市]

いろは坂に残された旧跡。
さすが歴史ある日光であります。
ウムム。。。



以前の記事はこちらから。
レストラン 滝。[日光市]

【第一いろは坂】
@栃木県日光市細尾町~日光市中宮祠

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する