ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

新田荘遺跡 矢太神水源。

=== 案内板より ===
国指定史跡 新田荘遺跡 矢太神水源
.新田町は大間々扇状地の扇端部に立地していることから、
標高60メートルの地点を中心として多くの湧水地があります。
矢太神水源はこれらの中でも最も豊富な水量を誇っており、
町指定天然記念物にも指定されています。


新田荘遺跡 矢太神水源。

北側に湧水点があり、ここでは湧水が砂を舞い上げる自噴現象を
観察することができます。この地点には「ニホンカワモズク」という貴重な紅藻類が
生息しています。これはかつてこの地が海だった時代に陸に閉じ込められたものが、
環境に適応して現在の姿になったと考えられています。

南側には東西15メートル、南北80メートルの沼があります。
この周囲には縄文時代の遺跡も多く見られ、数千年前から水が湧いていたと
推測されます。現在水源の東側は矢太神ホタルの里公園として整備されています。


新田荘遺跡 矢太神水源。
.
仁安3年(1168)の「新田義重置文」(長楽寺文書)は、「空閑の郷十九郷」を
頼王御前(世良田義季)の母に譲ることが書かれた古文書で、
新田荘が開発された様子を知ることができます。
ここには「上江田・下江田・田中・小角・出塚・粕川・多古宇(高尾)」などの、
現在でも見られる郷名が書かれています。
これらの郷は石田川の周辺に立地することから、新田荘の開発に石田川の水が
利用されたことがわかります。
矢太神水源は石田川の源流であることから、
新田荘の開発に湧水地の水が利用されたことを証明する貴重な史跡です。
云々。。。



新田荘遺跡 矢太神水源。

「新田義重置文」(長楽寺文書)
下 (花押)
こまたあれと、らいわうこせのハハの事をおもへハ、
にたのみさう(新田御荘)ハゆつりたるなり、
ハハの事らいおうこせんをろかにあるへからす、それにとりてもこかんとてハ、
らいおうこせんかハハにみなゆつるなり、ハハかためニおろかニあるへからす
こかんのかす、おうなつか、えたかみしも、たなか、おおたち、かすかわ、こすみ、をしきり、
いてつか、せらた、みつき、かみいまい、しもいまい、かみひらつか、しもひらつか、きさき、
丁ふくし、たこう、やきぬま、このこうこうしたいにゆつりわたす、たのさまたけあるへからす、
あなかしこかしこ、
仁安三年(1168)六月二十日  (花押)
云々。。。


新田荘遺跡 矢太神水源。


【矢太神水源】
@群馬県太田市新田大根町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する