ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

赤城塚古墳と西丘神社。その1

板倉町にある「赤城塚古墳」です。
こんもりとした林の中に古墳がある感じです。
少し分かりずらいですが、左が古墳、右に「西丘神社」があります。


赤城塚古墳と西丘神社。その10

古墳と神社の組み合わせって、けっこう多いんですよねー。

=== 案内板より ===
赤城塚古墳
この古墳は、古墳時代初期の4世紀から5世紀にかけて築かれたものです。
直径32メートルほどの円墳ですが、
内部施設の詳細については明らかになっていません。

当時、渡良瀬川は古墳の南方を流れていたことから、
栃木県の三毳山方面にまで勢力を持っていた豪族の墓と考えられます。

延宝4(1676)年に県指定重要文化財の三角縁神獣鏡が発見されています。
云々。。。


赤城塚古墳と西丘神社。その11

そーなんですっ。
なんの変哲もない?こちらの小さな古墳から、
三角縁神獣鏡(三角縁仏獣鏡)が発見されたんです~★

===
三角縁仏獣鏡
西丘神社に保存されているこの鏡は延宝年間(1673~1680年)に
境内赤城塚古墳から農夫の手により発掘された。
出土品として他に剣、直刀の破片がある。

三角縁仏獣鏡は直径22.08センチメートル。縁の断面は三角形で、
内側に2重の波紋帯を挟む鋸歯紋帯がある。さらにその内側には鳥獣紋帯があり、
鈕をめぐり主な紋様帯がある。
図にあるように主紋帯には3体の仏像が表現されている。
仏像が描かれている鏡は現在全国で5種八面しかなくこの鏡と同じものは他にない。


赤城塚古墳と西丘神社。その2

仏像の1体は蓮華座に結跏趺座し、瓔珞を首にかけ、頭光と髭がある。
両肩には火炎とみられる突起があり、禅定印を結んでいる。
また左手に蓮華を持ち、髭のある菩薩風の立像も表現されている。

三角縁仏獣鏡は3世紀に中国の魏で製作されその後、
日本に伝わったものと考えられている。
魏で製作されたものとするなら中国に伝来した仏教思想の影響、あるいは
中国における民間宗教道教等との関係、さらに日中の関係を考察するうえで
貴重な資料である。
云々。。。


赤城塚古墳と西丘神社。その9

===
鏡陵皇太神碑
県指定文化財「三角縁仏獣鏡」の発見経過が紹介されたものとして
最初のものはこの「鏡陵皇太神碑」である。
「鏡陵皇太神碑」は、安政4年(1857年)に南光院住職光範と地元の人々
(特に世話人として・北山喜左エ門・茂木七左エ門・大山源左エ門・武井七郎右エ門・
島田重左エ門・島田角左エ門・菅井六左エ門)が建立したものである。

銘文によると「三角縁仏獣鏡」は延宝4年(1676年)に赤城神社の再建修理時に
地元の農夫により発見され、以来「霊鏡」として「鏡陵皇太神」と命名され、
西岡と西岡新田の鎮護神として人々の崇拝をうけ、現在に至っている。
云々。。。


スゲー。。。


赤城塚古墳と西丘神社。その3

で、こちらが赤城塚古墳の隣にある「西丘神社」です。
石段を上って、正面が「拝殿」。


赤城塚古墳と西丘神社。その5

赤城塚古墳と西丘神社。その6

特徴的なスタイルの「狛犬」クン。


赤城塚古墳と西丘神社。その8

「扁額」。


赤城塚古墳と西丘神社。その7

覆屋に守られている「本殿」。


赤城塚古墳と西丘神社。その4

大きな「クスノキ」。

===
西丘神社社叢 付クスノキ3本
西丘神社社叢は、境内に赤城塚古墳が置かれる
歴史的にも貴重な地域となっている。
この地域では古墳および社寺林として古くから樹木の伐採は禁じられたものと
考えられる。板倉町においては照葉樹林、シイ、カシなど豊かな自然が残り、
自然潜在植生がみられる貴重な平地林である。
なお、境内には暖地に生育するクスの大木を3本認め、本地域では極めて珍しい。
云々。。。


赤城塚古墳と西丘神社。その12

最後に、「鳥居」を撮りました。



以前の古墳はこちらから。
一本杉古墳。[高崎市]

【赤城塚古墳】
@群馬県邑楽郡板倉町西岡

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する