ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ロックハート城 ストーンアカデミー。その7

ロックハート城 ストーンアカデミー。その6

ロックハート城の中にある「ストーンアカデミー」。
恐竜の化石や鉱石などが展示されている、
ちょっとした博物館です☆
けっこうオモシロイものがありました。


ロックハート城 ストーンアカデミー。その5

=== 案内板より ===
魚龍(竜)の化石(実物)
学  名 : Stenopterygius quadriscissus
和名(俗名) : 魚龍(Ichthyosaurus、イクチオサウルス)
分 類  : 爬虫類(水生)
分 類  : (魚でもなく、クジラやイルカの祖先でもないことに注意)
産地と産出した地層 : ドイツ南部、バイエルン州ホルツマーデン(Holzmaden)。
産地と産出した地層 : ジュラ紀前期(約1億8500万年前)の海成層。
産地と産出した地層 : ドイツ、フランクフルトから成田まで空輸した。

魚龍は中生代の海底にたい積した地層から産するが、
このようにほぼ完全な形で発見される例は少ない。
魚龍は肉食で、大きなものは体長約13mにも達したといわれている。胎生で
胎児が母体に入ったまま化石化した標本も知られている。
日本からは、北上山地の中生代の地層から頭骨が発見されている。
云々。。。


ロックハート城 ストーンアカデミー。その2

こちらは「シーラカンス類の化石」。


ロックハート城 ストーンアカデミー。その3

始祖鳥もありました!

===
中生代の代表的な恐竜類と始祖鳥
恐竜類(dinosaur ; ダイノソーと読む)は、中生代に栄えた動物で、その生活の場所は
陸上と限らず、水中、空中にも拡がっていました。
一般に陸上の草食恐竜は大型で、代表的なものにブロントサウルス(かみなり竜)、
ディプロドクス(ダイプロドクス)、ブラキオサウルスが知られています。
ディプロドクスの全長は約30m、またブラキオサウルスの頭は高いところにあって、
三階の窓にまでとどくといわれています。

草食の中型恐竜には、イグアノドン、ステゴサウルス(剣竜)、トリケラトプス
(トライセラトプス、角竜)などがあり、それぞれ、独特のからだつきを示しています。

肉食の恐竜の代表者は、チラノサウルス(暴君竜、タイラノサウルス)があり、
また水中に生活するものとして、魚竜のほか、プレシオサウルス(くびなが竜)、
空を飛ぶ恐竜には、プテラノドン(翼竜、テラノドン)があり、プテラノドンの大きさは、
小型飛行機よりも大型でした。

始祖鳥は、鳥の祖先と考えられているもので、大きさはハトくらいですが、
からだつきはまだ爬虫類おもかげを残しています。
云々。。。


ロックハート城 ストーンアカデミー。その4

そして、なんと、うんち!
恐竜のうんちまでありましたー!
案内も奮っていますっ。

===
ウンチの化石
このウンチは5000~6000万年前のものです。このオリジナルの成分は、
長い年月の中で鉱物のヘマタイトと入れ替わったのです。
すばらしい上司へのプレゼントあるいは うれしくない仕事の上の
ペーパーウエイトに最適です。 ワシントン州 米国
云々。。。


ロックハート城 ストーンアカデミー。その1

そして、実際に、化石にさわることも出来ました☆

===
大型のイノセラムスの化石
この岩体には2個の巨大なイノセラムスの化石が残されています。
イノセラムスは、おもに白亜紀の沖合の静かな海底に生活していました。
分類上の位置は、軟体動物二枚貝類で、現生のイガイの類に近いものとされています。
北海道の白亜紀後期の地層産。
云々。。。


小さな博物館ですが、内容充実。
意外に本格的ですョ~。



以前の記事はこちらから。
ロックハート城。[吾妻郡高山村]

【ロックハート城】
@群馬県吾妻郡高山村
website/http://www.jrs-w.com/lock-heart/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する