ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

=== 案内板より ===
大野城宇美口(北口)城門礎石
この礎石は昭和48年に百間石垣の傍、四王寺川の川底から発見された
大野城の宇美口城門礎石である。 現在確認されている大野城の城門は
宇美口・太宰府口・坂本口・水城口の4ヶ所であるが北向の城門は宇美口のみである、
以前から重要地点と考えられていたところである。

大野城跡。[福岡県大野城市]その1

文献には門礎一個の記載があり、また昭和34年頃附近で発見された といわれる
門礎一個(現在宇美八幡宮蔵)があるが今回の礎石発見により
宇美口の位置が明らかとなるであろう。 ただしこの礎石は宇美八幡宮のものと
形状が異なること、他の礎石が円柱用であるのに対して角柱用礎石であることなど、
尚研究の余地を残している。
云々。。。


>>>>>

以前訪れたことのある、大宰府天満宮の横を過ぎて、
〝四王寺山〟と呼ばれるエリアへ。
道は細いし、すれ違う車もほとんどありません(汗、、、
すばらく走ると「県民の森」という森林公園に着きます。

そこで見つけた礎石と案内板が上の写真です。


大野城跡。[福岡県大野城市]その2

===
日本最古のお城!?「大野城」
四王寺山(しおうじやま)の一帯には、大野城と呼ばれる広大なお城が残されています。
『日本書紀』によると、このお城は飛鳥時代(665年)に大和王権が唐・新羅連合軍の
侵攻に備えて築いたとされ、このことから大野城が文献に残る最古のお城であることが
わかっています。
日本最古のお城とは、どのような姿なのでしょうか?
ここでは、最新の発掘調査成果を基に奈良時代の大野城を再現してみました。
云々。。。


城跡がある!というわけでやってきたものの、
それは戦国時代のモノとは全く違う、古代日本の城跡だったのデス!
でも又それがウレシイ♪
古代のお城って初めてですー。


大野城跡。[福岡県大野城市]その3

===
城壁(石垣)
城壁のうち、谷部には石垣を築いていました。城内で最大規模を誇る百間石垣は、
その名のとおり長さが200m近くにもなります。大石垣・北石垣・小石垣・水ノ手口石塁
も合わせて5ヵ所の石垣が知られています。


大野城跡。[福岡県大野城市]その4

===
建物跡
実際に建物は残っていませんが、柱が建っていたと思われる礎石が
現地に残されています。発掘調査の結果では、時期を異にして
延べ70棟以上の建物跡が確認されており、そのほとんどは倉庫であったと
思われます。
建物跡は城内に群をなして散在しており、主城原・八ッ波・尾花・増長天地区などと
呼ばれています。写真は八ッ波地区を写したものです。
云々。。。


大野城跡。[福岡県大野城市]その5

===
城壁(土塁)
城壁のほとんどは土を盛り上げた堤防状のもので、土塁と呼ばれています。
敵の侵入を防ぐため、急勾配で高い形状になっています。
写真は発掘調査時の土塁の姿です。


大野城跡。[福岡県大野城市]その6

===
城門
城壁の要所には、城門が配置されていました。最近の発掘調査により
新たに確認されたものを合わせると太宰府口・坂本口・水城口など
8ヵ所の城門が知られています。写真は、太宰府口城門跡の発掘調査時の状況です。


県民の森の資料室にあった案内や写真のいろいろ。
さてさて、またこの山の中の1本道を、もう少し先に行ってみましょう。


大野城跡。[福岡県大野城市]その7

しばらく走ると、おおーっ、大きな石垣が現れますっ。
これぞ正真正銘の「大野城跡 百間石垣」であります!

===
特別史跡 大野城跡 百間石垣
大野城の城壁は土を高く盛り上げた「土塁」で囲まれているが、
起伏の激しい地形のため谷間は土塁でなく石を 積み上げたダムのような石塁とし、
急傾斜部は石垣を作るなど工夫をこらしている。

この「百間石垣」の名称は、 四王寺川の部分を石塁とし、
それに続く山腹部を石垣とした城壁で、
長さが180mほどであるあることから名付け られたものである。


大野城跡。[福岡県大野城市]その8

平均4mくらいの高さが残っており、川底部では石塁幅は9mほどある。
外壁面の角度は75度前後である。
この川の中から今までに3個の礎石などが発見されており、
川に近い場所に城門があったと考えられる。
云々。。。


ほんとメチャメチャ昔の城跡でした★
~663年の白村江の戦いにおいて、百済復興を目指す倭国(後の日本)は
新羅・唐連合軍に敗れた。そこで倭国は防備を固めるため、
様々な防衛施設を建設したことが『日本書紀』に記されている。~
と、ウィキペディアで紹介されています。

大陸からの侵攻に備えて築城された大野城。
さらにこの「白村江の戦い」については。。。

~この戦いは唐の勝利に終わった。大陸に大国である唐が出現し、
東アジアの勢力図が大きく塗り変わる中で起きた戦役である。
白村江の戦いでの敗北は、日本史上でも第二次世界大戦後のアメリカ合衆国による
占領をのぞけば、日本が外国の占領下に入る危険性が最も高くなった敗戦であった。
この敗戦により倭国は領土こそ取られなかったものの、朝鮮半島での権益を失い、
国防体制・政治体制の変革がなされ、急速に国家体制が整備され、
天智天皇のときには近江令法令群が策定、天武天皇のときは最初の律令法とされる
飛鳥浄御原令の制定が命じられるなど、律令国家の建設が急ピッチで進み、
倭国は「日本」へ国号を変えた。~


いやー、深いですっ!感動!
小雨振る中でも、足をのばしてみて良かった~♪



大野城跡。[福岡県大野城市]その9

山道をもう少し行ったとこにあった大きな石。
これが「船石」なのかな?



以前の記事はこちらから。
王塚古墳。[福岡県嘉穂郡桂川町]
以前のお城はこちらから。
懐古園(小諸城跡) kaiko-en。[長野県小諸市]

【大野城跡 百間石垣】
@福岡県大野城市

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する