ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

筥崎宮の高燈籠。[福岡市東区]

海岸に立つ「鳥居」。
そこに「神聖處」と書かれた立て札が建っています。

お潮井浜。
筥崎宮前の海岸の真砂(まさご)を〝お潮井〟と言います。
これで身を清めるそう。
筥崎宮 hakozaki-guu」にやって参りました★


筥崎宮の高燈籠。[福岡市東区]

振り返れると「大鳥居」があります。


筥崎宮の高燈籠。[福岡市東区]

そしてこの鳥居の隣に佇むのが「高燈籠」です。


=== 案内板より ===
高燈籠(たかとうろう)
石造りの均整のとれた燈籠で、高さは約6メートルあります。
箱崎浦の漁師が博多湾に出漁するため、帰船の目印として造ったもので、
最初の燈籠は文化14年(1817年)に完成しました。
夜には、漁師たちが当番制で火を灯したといわれています。

年を経て風雨のため朽ち果て石畳を残すのみとなったため、
明治15年(1882年)に現在地に移し、上部を石造りにしました。

当時、この燈籠の前は波打ち寄せる浜で、満潮時には燈籠の台石を洗っていました。
このあたりの砂地は、白砂青松の綺麗なところでした。
付近には、明治42年(1909年)に洋館の汐湯(抱洋閣)が、明治43年(1910年)に
水族館が完成し、明治44年(1911年)には市内電車が開通し、
多くの人が訪れていました。

現在の燈籠は、昭和43年(1968年)に修築されたものです。
云々。。。


筥崎宮の高燈籠。[福岡市東区]

カッコいい「高燈籠」でした。

それにしてもデカイ鳥居。
気になる。。。



以前の記事はこちらから。
旧・祇園町。[福岡市博多区]

【筥崎宮の高燈籠】
@福岡県福岡市東区

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する