FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

浅間縄文ミュージアム。その1

遥か南に八ヶ岳を望む浅間山のふもと
噴火の鎮まった一万年前余
新しい縄文の朝(あした)が静かに明けてゆく。。。


浅間縄文ミュージアム。その6

やって参りました!
浅間縄文ミュージアム」ですっ!
in 長野県御代田町。

図書館に併設された博物館です。


浅間縄文ミュージアム。その2

以前よりチェックしていた場所なので、
楽しみ楽しみ~♪


浅間縄文ミュージアム。その3

=== 案内板より ===
縄文人のすがた
縄文遺跡からは、編衣(あんぎん)と呼ばれる織物が発見されており、
衣服などとみられる。
モデルの編衣の模様は、土器の模様を元に復元した。
大きなピアス式の耳飾りや、骨製のかんざしもあった。
土偶などから推定すると、顔に入れ墨をした人もいたらしい。

男性 平均身長 158cm
女性 平均身長 147cm
平均寿命 約30歳(15歳まで生きた人の寿命)
目鼻立ちがはっきりとした彫りの深い顔
体つきは頑丈
云々。。。


浅間縄文ミュージアム。その4

縄文遺跡、竪穴住居の発掘現場なども再現されています。


浅間縄文ミュージアム。その5

===
焼町(やけまち)土器をつくる
今日、世界の民族において、土器づくりは女性の仕事である。その例にならって、
ここでは4500年前の川原田のムラで焼町土器をつくる母娘を復元した。

母娘の服装には、ベンガラで赤く染めた縄文アンギンをベースに、
焼町土器や土偶の紋様をあしらい、出土した耳飾り(ピアス)をつけた。
また、川原田のJ-11号住居跡からは、土器づくり用とみられる粘土が出土しており、
粘土をこねる役目を娘に任せた。
云々。。。


浅間縄文ミュージアム。その8

浅間縄文ミュージアム。その7

===
縄文人の装飾品
縄文人はアクセサリーを好んだ。
ヒスイのペンダントや土製耳飾りなどが、縄文遺跡から数多く発見されている。
耳飾りは東日本の縄文中期から晩期に多くみられ、
ピアス式に耳たぶに穴を開けつけたらしい。
耳飾りの装着の様子を示す土偶もみられる。
云々。。。


浅間縄文ミュージアム。その9

===
起立する大石棒
日本最大のこの石棒は、長さ2メートル23センチ、コツコツと石を叩いて
この形に作られた。男根を模った縄文の祭祀道具で、
千曲川左岸の佐久穂町北沢に起立している。
云々。。。

===
石棒(せきぼう)
男性器をかたどった石棒は、生殖や繁栄のシンボルともされる。
縄文人の精神世界を具現し、第二の道具ともいわれる。
云々。。。


浅間縄文ミュージアム。その10

===
川原田遺跡出土の縄文遺物
浅間山南麓の標高800m内外の一帯には、豊富な湧水が列をなし、
数多くの縄文のムラが作られた。4500年前、縄文中期の
川原田のムラで使われたのが、焼町土器である。
「焼町」。この少し奇妙な名前は、塩尻市焼町遺跡で最初に発見されたことで
名づけられた。


浅間縄文ミュージアム。その11

浅間縄文ミュージアム。その12

その特徴は、ドーナツ状やメガネ状の突起、渦を巻く曲線、列点が土器の表面を
飾ることにある。焼町土器の分布の中心は浅間山麓にあり、
浅間山の中期縄文世界を体現するのが焼町土器といえる。
云々。。。


浅間縄文ミュージアム。その13

「蛇体把手」。
なんとも不思議な形をしています。


浅間縄文ミュージアム。その14

浅間縄文ミュージアム。その15

「土偶」の数々。。。


浅間縄文ミュージアム。その16

浅間縄文ミュージアム。その17

「仮面土偶」も。。。


浅間縄文ミュージアム。その18

野外、入り口で公開されている住居跡。
発掘された住居跡が、こちらのミュージアム前に移築されたものです。


===
滝沢遺跡の敷石住居跡
本住居は、御代田町塩野滝沢遺跡において、1992年に発掘されたものである。
鉄平石を敷き、安山岩と軽石で四角く組んだ石囲炉を持つ。また、
柄鏡の柄に相当する張出し部がこれにつく。
住居の埋甕には、縄文中期後半加曾利EⅢ式の両耳壷が利用されていた。
埋甕のほかの出土品は、土器片のみで点数も少ない。

敷石住居は、縄文中期後半から後期の中部地方・関東地方西部に流行するもので、
住居以外に、祭祀遺構とする説があるが、今日では住居とする見方が一般的である。
云々。。。


縄文時代遺物。
ひとくちに縄文と言っても、年代やエリアで様々な表現がなされています。
まさに古代の神秘。。。

佐久穂町にあるという大石棒を観に行きたくなったのは
言うまでもありませんっ(笑



以前の博物館はこちらから。
縄文のビーナスと仮面の女神。[長野県芽野市*茅野市尖石縄文考古館]

【浅間縄文ミュージアム】
@長野県北佐久郡御代田町大字馬瀬口1901-1
website/http://w2.avis.ne.jp/~jomon/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する