ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

日本海軍発祥之地の碑

日向市にある港町「美々津 mimitsu」です。
神武天皇が東征に出発したという伝説の残る町。

港にはこんな記念碑が建てられています。
日本海軍発祥之地の碑」。


日本海軍発祥之地の碑

〝地〟の字の下には、神船「おきよ丸」が。。。

=== 案内板より ===
神武天皇御親率の東征水軍御進発の聖地
「日本海軍発祥之地」碑
建立・昭和17年(紀元二千六百二年)9月10日
復元・昭和44年(紀元二千六百二十九年)9月12日

建立・復元の経緯と碑文の由来
日本海軍は、天皇が統帥された海軍でありました。
このことから国が、神武天皇御親率の水軍が、はじめて編成され、
進発した美々津の地を「日本海軍発祥之地」と定め、
紀元二千六百年記念事業の一環として建立されました。


日本海軍発祥之地の碑

碑文の文字は、時の内閣総理大臣海軍大将米内光政閣下の揮毫により、
碑面に刻記されたものであります。
この碑は、大東亜戦争の終戦直後進駐米軍によって碑文が破壊されましたが、
昭和44年にいたり地元有志の強い要望により、防衛庁(海上自衛隊)などの
協力を得て、現在のとおり復元されたものであります。
云々。。。


日本海軍発祥之地の碑

日本海軍発祥之地の碑の隣には、
大きな錨(いかり)が展示されていました。


===
海軍両爪錨展示碑文
当地は、神武天皇が大水軍を編成され、御親率されて御東行の御船出をされた
日本海軍発祥の地と伝えられている。
   
昭和15年(1940年)には、皇紀2600年記念を祝い、日本海軍協会、大日本海洋少年団、
大阪毎日新聞社主催により、軍船「おきよ丸」を造船し、この美々津港から大阪中ノ島まで
神武天皇東行の聖蹟を巡航し橿原神宮に神楯を奉献した。
この日を記念して企画された「日本海軍発祥の碑」の建立と「両爪錨」の製造が
昭和17年(1942年)に実現したのである。

爾来、この錨は、太平洋戦争からの戦後の混乱期を経て昭和27年(1952年)に
創設された海上自衛隊に移管されていたものである。
そして、その錨が半世紀余を経た今、海上自衛隊のご厚意により、
生誕地である日本海軍発祥の地に帰還したことは、日本海軍史の象徴といえるこの錨と
神武天皇御船出の地の奇しき因縁を感じるのである。
 
私たちはここに、わが国の平和と安全を希求し、国民の財産と生命を守るため
日夜、刻苦精励されている海上自衛隊の一層のご発展を祈りながら、
この錨を恒久の平和のシンボルとして世界中に発信して行くことを誓うものである。
云々。。。


日本海軍発祥之地の碑

いろんな歴史の残る美々津町。
高瀬船を使った商業港として、古くから栄えた町です。



以前の記事はこちらから。
鵜戸神社 udo-jinja。[宮崎県日向市]

【日本海軍発祥之地の碑】
@宮崎県日向市美々津町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する