ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

宮崎県、大御神社。その1

「都農神社」でのお参りをすませ、さらに北上します。
海岸沿いをひた走ること数十分。
大御神社 oomi-jinja」にやって参りました。


宮崎県、大御神社。その2

宮崎県、大御神社。その3

崖っぷちに鎮座している神社さんで、
なかなか不思議な雰囲気があります。
「神門」と、

宮崎県、大御神社。その4 宮崎県、大御神社。その5

その手前の「狛犬」クン♪


宮崎県、大御神社。その6

宮崎県、大御神社。その7

「拝殿」。


宮崎県、大御神社。その9

「弊殿(右)」と「本殿(左)」。


宮崎県、大御神社。その8

拝殿と弊殿と本殿は、こんな感じで連なっています。


宮崎県、大御神社。その101

=== 案内板より ===
大御神社御由緒並に沿革
御祭神 天照皇大御神
大御神社は、皇祖天照大御神を御祭神とする古社で、創建の年月は
詳らかではないが当社に伝わる「神明記」その他の古文書によれば
往古皇大御神、日向の国高千穂に皇孫瓊々杵尊を天降し給うた節、
尊は当地を御通過遊ばされ、千畳敷の磐石にてこれより絶景の大海原を眺望され、
皇祖天照大御神をお祭りして平安を祈念されたと伝えられ、
後世此の御殿の霊石の在りし所に一宇を建て皇大御神を勧請し
村中の鎮守と崇敬し奉るという。


宮崎県、大御神社。その11

また神武天皇御東征の砌、大鯨を退治された御鉾を建てられたことから、
鉾島が細島に転じたと伝えられているが、天皇はこの時伊勢ヶ浜(脇の浜)
から港に入られ、皇大御神を奉斎する御殿(現在の大御神社)に武運長久と
航海安全を御祈願されたと伝えられ、大御神社の西に横たわる櫛の山(槵の山)と
東に隆起する米の山(久米の山)は神武天皇の先鋒の
天櫛津大久米命の名に因むものであると言う。


宮崎県、大御神社。その12

その後当社は日知屋城主伊東氏ら歴代城主はもちろん、延岡城主、
幕領代官等に尊崇され、地方の民も「日向のお伊勢さま」と呼んで崇敬し
且親しんできたのである。
最近ことに御神徳を慕って県内外の参拝者が激増している。

大御神社の社名は天照皇大御神の大御をいただいて社名としたと
伝えられている。
現在の御社殿の改築は昭和13年に完成し
資材は、高千穂地方の神社の境内木が使用されている。
云々。。。


お社のすぐ下には、巨大な柱状節理が(左の岩)。。。
すごいロケーションなんです、ここ。。。

=== ウェキペディアより ===
節理とは、岩体に発達した規則性のある割れ目のうち、
両側にずれの見られないものをいう。
マグマ等が冷却固結する際や地殻変動の際に生じる。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
福浦食堂。[宮崎県都農町]

【大御神社】
@宮崎県日向市伊勢ヶ浜

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する