ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

=== 案内板より ===
縁切寺満徳寺
江戸時代においては、一度他家へ嫁した上は、その夫や家人と
不和を生じるなどして生家へ戻っても、夫方の離縁状を持たなければ、
再婚することが出来ないという規則があった。その時代に、弱い女性を護り、
離縁の目的を貫かせた寺として有名な所が日本に二つあった。
鎌倉の東慶寺と徳川の満徳寺がそれである。
徳川郷は徳川氏発祥の地として、江戸時代には幕府から租税課税の免除、
あるいは守護使不入の地として、特別の取り扱いを受けていた。

太田市、縁切寺満徳寺。

満徳寺は、徳川氏の初代義季の娘・浄念尼が開いた時宗の尼寺である。
代々の住職は新田の一族から出たというゆかりによって、天正19年(1591)
家康は寺領百石を寄進して、当時衰微していた寺を復興させた。

次いで大阪落城の後、豊臣秀頼の妻であった秀忠の娘・千姫を入寺させ
豊臣家との縁を切った。そして、本多家(忠刻)へ再嫁させたのであるが、
実は、千姫の身がわりとして侍女の刑部の局が入寺し、名を俊澄と改めて
住職になったといわれる。

以来、特に幕府から優遇を受けるようになった。寛永12年(1635)三代将軍・家光の時
寺を再建し、以後将軍家の位牌所として修繕費等はすべて幕府の支弁によった。

このように徳川幕府を背景として、寺法は権威を持ち
縁切寺としての機能を強く発揮することが出来たのである。


太田市、縁切寺満徳寺。

離婚の目的でこの寺に駆込んだ女性は、入寺後、足かけ3年たてば、
離縁状を入手できた。寺内には寺法による法廷があり、寺のかたわらには
駆込宿(その主人は代書人)もあった。

開山以来満徳寺において取り扱った事件の数は、資料が乏しいため
正確には分からないが、判明したものだけでも七十七件を数える事が出来る。
その地域も関東各地はもとより、遠く奥州にまでおよんでいた。
しかし、徳川幕府の崩壊により、明治5年(1872)ついに廃寺となり、寺領、
寺域の大部分は民有地となったが、地元有志は、由緒ある寺の消滅するのを惜しんで
同27年再興し、今日に及んでいる。



【縁切寺満徳寺】
@群馬県太田市徳川町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する