ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

岩松館跡。

=== 案内板より ===
岩松館跡
新田・足利氏の祖源義国は、この地岩松(当時は、いぬま)に居住し、
現在の青蓮寺境内を中心にしたこの区域がその跡であり、
その子新田義重もここに居住し、南方に岩清水八幡宮を勧請したと伝えられる。

正木文書(群馬県史資料編)によれば建保3年(1215)、
鎌倉幕府は新田義重の嫡男義兼の譲状に基づき、
その妻である義兼後家(新田尼)を岩松、下今居、田中郷の地頭職に任じ、
その後貞応3年(1224)、新田尼はその孫時兼にやしき岩松郷を譲渡し、
2年後の嘉禄2年(1226)、鎌倉幕府は時兼を岩松郷の地頭職に任じたとある。

また源義国の孫足利矢田判官義清が、平家追討に出陣するにあたり
寿永2年(1183)、山城国山背野中西寺に祖父義国等の供養のため奉納した
大般若経の奥書に、上野国新田住式部太夫加賀介従五位下義国とある。


岩松館跡。

これらの資料から、少なくとも当岩松に義兼が居住し、
その父義重も住んだであろうこと、さらには
祖父義国も晩年には住んだであろう館があった可能性が強い。
その館は新田尼から子の時兼に譲られた。

時兼の父は足利義康の孫義純で、新田義兼の嫡女と結婚し、
岩松中邸に居住したと伝えられる。
中邸は本邸の控えであり、そこで成長した時兼はその後本邸に移ったのであろう。

当公園内からは発掘調査によって中世のものと考えられる
柱穴の底部を石で突きかためた基礎を持つ堅固な掘立柱の建物跡が
多数発見されており、有力者の居住跡の可能性が高い。

時兼以後岩松氏が代々居館したものと思われる。
云々。。。



以前の城跡はこちらから。
皆川城跡。[栃木市]

【岩松館跡(青蓮寺)】
@群馬県太田市岩松町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する