ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その6

高崎にある「箕輪城跡」。
ずいぶんと大きなお城の跡です。堀や土塁もしっかり見て取れます★
先ずは、本丸あたりから。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その5

=== 案内板より ===
本丸
本丸は御前曲輪とともに城の中心部であり、南北約100メートル、
東西約70メートル、東側には高い土手を築いて
城内が敵に見えないようにしている。
この土手が御前曲輪の東側まで続いていることにより、
御前曲輪も本丸の一部であったと考えることができよう。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その9

本丸と御前曲輪の間の空掘は東部が浅く西部が深く、
西の空掘りに降りる通路となっていた。

空掘底は初期にはすべて交通壕であったが、
後に掘り下げられてそのはたらきを失ったらしい。

南の本丸の虎口(こぐち・出入口)には前に「曲尺馬出し」がつき、
本丸南部が突き出して虎口前を側面から防ぐようになっている。
云々。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その8

案内の立っている所が本丸跡。
その右側手前から、向こうの方まで土手が続いています。
土手に沿って、ブルーのビニールシートのずっと先が御前曲輪。


=== 別の案内板より ===
本丸
箕輪城には天守閣はありませんでしたが、多数の「かわらけ」や
楽茶碗などが発掘されていることから、城主の住む建物や
軍議を開いたり酒宴を催したりする館があったと推定されています。

城主の交代を契機に城の造り替えが行われたことが
発掘調査で確認されました。
云々。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その4

===
御前曲輪
御前曲輪は本丸の詰めにあり、城の精神的な中心であった。
西南の角に物見・戦闘指揮のための櫓があり、
その下は石垣で固められている。天守閣はなかった。

落城の際、長野業盛以下自刃した持仏堂があったと伝えられている。
井戸は昭和2年に発見されたものである。
云々。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その3

高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その2

===
御前曲輪 井戸
昭和2年(1927)年8月15日、豪雨のため一部地盤が沈下したのが
きっかけで古井戸が確認されました。
深さは20mで、底から長野氏累代の墓石が多数掘り出されました。
云々。。。


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その1

井戸の近くに建てられている「箕輪城将士慰霊碑」。
そして、


高崎市、箕輪城跡の本丸周辺。その7

本丸の横の土手の発掘調査現場。
石積みが見えますねー♪
何が出てくるんでしょうねー。
ワクワクします♪



以前のお城はこちらから。
佐久山城跡。[大田原市]
以前の高崎はこちらから。
La Saison de Haruna セゾン・ド・はるな。[高崎市榛名湖町]

【箕輪城】
@群馬県高崎市箕郷町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する