ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

日立市、宿魂石と大甕神社。その1

茨城北ジオパーク、歴史散策コース。
日立市にある「大甕神社」です。
「大甕」と書いて〝おおみか〟と読む、oomika-jinja、です。

日立市、宿魂石と大甕神社。その2 日立市、宿魂石と大甕神社。その3
(写真はクリックで大きくなります。)

とても雰囲気のある神社さんです。
鳥居~、狛犬クン1対。


日立市、宿魂石と大甕神社。その4

「石燈籠」と「拝殿」。


日立市、宿魂石と大甕神社。その6

向かって、拝殿の右方向にある「宿魂石」の文字が刻まれた石。
そして拝殿後方には大きな岩山。
その頂上に「本殿」がありました。

ジオパークの資料も、とても興味深いものです♪

=== 資料より ===
大甕神社は多賀山地の一番南のはしにあり、
カンブリア紀の花崗岩の岩山の上に建っています。
この花崗岩は国道6号を越えて日立研究所の方に続いています。
『日本書記』の中に大甕神社の大岩にまつわる伝承があり、
日本列島のルーツを語るカンブリア紀花崗岩と
神代(かみよ)の日本ができるときの話がつながっています。


日立市、宿魂石と大甕神社。その7

大甕神社の創建にまつわる話です。
この大岩は宿魂石と言います。
また、別名『香香背男(かがせおの石)』とも呼ばれます。

神代の昔、香香背男という神が石名坂地方を支配していました。
少し悪さをする神とのことです。
それで、この地方を平定するために香香背男を退治しようと、
中央から武葉槌命(たけはつちのみこと)が派遣されます。
ところが香香背男は大岩になって抵抗しました。


日立市、宿魂石と大甕神社。その8

そこで武葉槌命は金の沓くつをはいて蹴け飛ばし、香香背男の退治に成功しました。
その時、この大岩には香香背男の魂が宿ったと伝えられており、
宿魂石と呼ばれるようになりました。
その後、ここに大甕神社が建てられ、倭文しずの神が祀られました。
大甕神社がパワースポットと呼ばれている理由がわかるような気がします。
云々。。。


カンブリア紀の花崗岩で出来た岩山。本殿むまでは、
岩肌に打ちつけられたチェーンを頼りに登ります。
まるで登山?!


日立市、宿魂石と大甕神社。その9 日立市、宿魂石と大甕神社。その10

国道6号線側に立つ、大きくて白い「鳥居」。

日立市、宿魂石と大甕神社。その11 日立市、宿魂石と大甕神社。その12 日立市、宿魂石と大甕神社。その13

「狛犬」クンと「儀式殿」。


日立市、宿魂石と大甕神社。その14

儀式殿の側には「甕星香香背男」を御祭神とする
境内社がありました。

===

日立市、宿魂石と大甕神社。その15 日立市、宿魂石と大甕神社。その16

日立市、宿魂石と大甕神社。その17 日立市、宿魂石と大甕神社。その18


日立市、宿魂石と大甕神社。その19

日立市、宿魂石と大甕神社。その20

日立市、宿魂石と大甕神社。その21

うっそうと生い茂る社叢で、独特の雰囲気、
景観のある神社さんです。

カンブリア紀の「宿魂石」も良かったのですが、
「香香背男」の神様にまつわる伝説もオモシロかったなー。
また来て見たい神社さんであります★



以前の記事はこちらから。
旧日立鉱山の大煙突。[日立市]

【大甕神社】
@茨城県日立市大みか町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する