ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

山梨県笛吹市です。
「甲斐国分寺跡」「石船神社」に続いてやって来たのは、
甲斐国分尼寺跡」。
古代、国分寺とセットで建てられた尼寺です。


=== 案内板より ===
甲斐国分尼寺跡
天平13年(741)、聖武天皇は全国に国分寺と国分尼寺を建てるように
命じました。国分尼寺は女性のためのお寺で、聖武天皇の后であった
光明皇后の希望により建てられました。
皇后は深く仏教を信仰しており、東大寺の大仏や全国の国分寺・
国分尼寺の建設は皇后が天皇に勧めたものであると伝わっています。


甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

甲斐国分尼寺跡は、甲斐国分寺跡の北側にあります。
発掘調査の結果築地塀と溝に囲まれた約180メートル四方の範囲であったことが
わかりました。寺跡の中には南門・中門・回廊・金堂・講堂・尼房などの
建物があったと推定されていますが、金堂と講堂以外は
まだ確認されていないため詳細は不明です。塔は建てられませんでした。


甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

寺跡の周りでは多数の竪穴住居跡群が見つかり、「法寺」「花寺」
などの文字が書かれた土器が出土しました。これらは国分尼寺の正式名称である
「法華滅罪之寺」を省略したものです。
こうした竪穴住居跡には国分尼寺建設のために働きに来た人たちが
住んでいたものと考えられています。
云々。。。


甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

===
金堂跡
金堂は国分尼寺の中心に位置する建物で、本尊の仏像が安置されていました。
国分尼寺の本尊は国分寺建立の詔では決まっていませんでしたが、
天平宝字5年(761)に丈六の阿弥陀三尊像を造るように命じられています。

金堂跡は基壇という土を固めた壇の上に建てられていて、国分尼寺の中で
一番高く目立つ建物でした。
基壇の上には建物の柱を支えていた礎石が18個残されています。
礎石は西側の一列が道路によって削られていますが、東西6列(5間)、
南北5列(4間)に並び、東西20.4メートル、南北13.2メートルの建物であったことが
推定されています。
云々。。。


甲斐国分尼寺跡。[山梨県笛吹市]

===
講堂跡
講堂は尼僧たちが仏教を学び修行する建物で、国分尼寺には
10人の尼僧を置くことが法で定められていました。

講堂は基壇という土をつき固めた壇の上に建てられていますが、
南側の金堂跡よりは一段低くなっています。
基壇の上には建物の柱を支えていた礎石が12個残されています。
礎石は西側の一列が道路によって削られていますが、東西6列(5間)、
南北5列(4間)に並び、東西20.1メートル、南北13.8メートルの建物であることが
推定されています。国分寺跡の講堂は東西26.4メートル、
南北13.7メートルあるので一回り小さい規模であったことがわかります。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
石船神社。[山梨県笛吹市]
以前の国分尼寺跡はこちらから。
下野国分尼寺跡に参る。。。♪ [下野市]

【国分尼寺寺跡】
@山梨県笛吹市一宮町東原


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する