ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

越後長野温泉 嵐渓荘 その7

三条市街地から車で4~50分行ったところにある「越後長野温泉」。
この温泉地にあるお宿は1軒のみ。
嵐渓荘 らんけいそう」さん♪

正面にドンッ、と構える本館(国登録有形文化財)は、
昭和初期、燕駅前にあった建物を移築したもの。
すんごいカッコイイんです★


越後長野温泉 嵐渓荘 その8

越後長野温泉 嵐渓荘 その9 越後長野温泉 嵐渓荘 その10

本館前に広がる野庭園。
水車、すぐそばを流れる渓流沿いの歌碑、炭焼き小屋。
この日は生憎の雨でしたが、
雪でも積ったりしたら、きっと絶景なんだろうな~。。。


越後長野温泉 嵐渓荘 その1

というわけで、初めてのお宿に感動しつつ、
早速のお風呂であります。

離れにある「山の湯」。
こちらには「深湯」と「石湯」の2つの貸切風呂があります。
上↑は深湯の内湯。


越後長野温泉 嵐渓荘 その2

そして深湯の露天。
露天のお風呂は立ち湯です。けっこう深い。
底に転がっている石が、足裏マッサージみたくて気持ちいい。
立ち湯と内湯を行ったり来たり♪
ナニゲに遊んでしまうのです。。。


越後長野温泉 嵐渓荘 その3 越後長野温泉 嵐渓荘 その4

お風呂上がりにはランウジでお酒を少々。
はじめの1杯の生ビール。
銅製のビアカップがさらにビールを冷たくしてくれます。

あ゛~~~、、、
サイコウだぁ~~~。。。


越後長野温泉 嵐渓荘 その5

もう1つの貸切風呂、石湯。
内湯と、

越後長野温泉 嵐渓荘 その6

露天です。
石で作ってあるから石湯なんですねー。そのまんま(笑

嵐渓荘さんの温泉は〝強食塩冷鉱泉〟。
お湯が唇にふれただけで、すごく塩辛く感じます。
昆布茶みたいな味もします。
ちょうど良いお湯加減で、いつまでも浸かっていたい、
そんな温泉なのです★


越後長野温泉 嵐渓荘 その13

庭から見た「山の湯」。
この中に深湯と石湯があります。


越後長野温泉 嵐渓荘 その12

山の湯へ続く渡り廊下から見た「本館」。


越後長野温泉 嵐渓荘 その11

「山の湯」から見た「本館」。
いろいろな風景があって、すごく楽しい♪

越後長野温泉・嵐渓荘さんを満喫しながら、夕方です。
もうひとつのお楽しみはディナータイム★
美味しい料理も人気です!

嵐渓荘さんの美味なるディナー。↓
越後長野温泉 嵐渓荘 その20 越後長野温泉 嵐渓荘 その14 越後長野温泉 嵐渓荘 その16
食前酒(野草酒)、前菜(かきのもと くるみ和え、

越後長野温泉 嵐渓荘 その15 越後長野温泉 嵐渓荘 その17
ふきのとう酢味噌、鮎せんべい、

越後長野温泉 嵐渓荘 その18 越後長野温泉 嵐渓荘 その19 
ほおづき卵黄味噌漬け、
エシャロット ほお辛味噌、茗荷寿司、山うど油炒め。)

越後長野温泉 嵐渓荘 その24
鯉洗い清流仕立て。

越後長野温泉 嵐渓荘 その26
地鮎塩焼き。

越後長野温泉 嵐渓荘 その22 越後長野温泉 嵐渓荘 その21 越後長野温泉 嵐渓荘 その27
ぜんまい一本煮、ワラビおひたし(蕗みぞれ)、黒崎茶豆。

越後長野温泉 嵐渓荘 その23 越後長野温泉 嵐渓荘 その25
カニ羽二重蒸し、松茸土瓶蒸し。

越後長野温泉 嵐渓荘 その29
牛の石焼き。

越後長野温泉 嵐渓荘 その30 越後長野温泉 嵐渓荘 その32 越後長野温泉 嵐渓荘 その31
海老のロースト、こしあぶらとこごめの香草仕立て。香の物、
お吸い物、栗ご飯、水菓子。

いやいやいやいやー、ホント大満足のディナーです★
どれも美味しかったー♪
田舎には美味しいものがたくさんあるのですねー。


初めてお邪魔しました「嵐渓荘」さん。
個性的な温泉と美味しい料理。
とてもくつろぐことができました。
また訪れてみたいお宿です。



以前の新潟はこちらから。
新潟県立歴史博物館。Vol.2[新潟県長岡市]

【越後長野温泉 嵐渓荘】
@新潟県三条市長野1450
TEL/0256-47-2211


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



【omake】

越後長野温泉 嵐渓荘 その33

=== 案内より ===
大竹家の遠き祖先について
紀元1336年 南朝北朝の戦さ始まる時の南朝の天皇は後醍醐帝なり
新田義貞天皇に召されて戦さに出づ
我が大竹家始祖は新田義貞の臣にして義貞に従ひ南北朝の戦さに出でたるが
戦ひ利あらず南朝側大敗に終る
大竹家始祖も敗戦の武士となり家士4名を引きつれて
越後の山境に落ち農民となる
共に落ち来りし4家士は大竹家始祖を中心に夫ゝ分家を形成す
4家士の苗字は又左ヱ門 勘五郎 井戸端 角右ヱ門なり その子孫は永年に亘り
家の子として本家大竹家と常に生死を共になし来れる人ゝにして
又終始長野部落の中核的存在しなりて現在に至れり
云々。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する