FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

みなかみ町、矢瀬遺跡。その1

矢瀬遺跡」です。
月夜野びーどろパークから程なく。
みなかみ町に、こんな遺跡があったなんて知りませんでした(汗、、、
かなりのご馳走ですっ。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その11

国指定の史跡です。
たくさんの遺物が発見されているようですが、
パネルを使って丁寧に説明されていました♪


みなかみ町、矢瀬遺跡。その2

みなかみ町、矢瀬遺跡。その12

=== 案内板より ===
史跡 矢瀬遺跡
遺跡は、月夜野町のほぼ中央にあたり、利根川によってできた河岸段丘の
一番下の面に位置する縄文時代の終わりころのムラの跡です。
平成4年度、開発事業に先立つ発掘調査によって発見され、
その情報はトップニュースとして全国に発信されました。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その3

みなかみ町、矢瀬遺跡。その5

ここからは、人口の水場を中心に祭壇敷石と巨木柱群による祭祀場や
墓地が広がり、その外側を取り囲むように配置された
住居群が見つかりました。
限られたスペースの中で計画的に造られた集落構成が良く残り、
ムラ全体のまとまりがわかりました。
また、ムラの跡は当時の人々の生活の基本となる祭祀(マツリゴト)の
あり方を理解するうえでとても重要な遺跡であることから、
国の史跡に指定され、活用のための保存整備が行われました。
云々。。。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その4

みなかみ町、矢瀬遺跡。その6

===
矢瀬遺跡は縄文時代を6時期に区分した後期~晩期の集落で、
隆盛を極めた中期の社会が新たな精神文化を異様に展開させた時期で、
1000年以上続いたムラの生活も、やがて弥生文化の渦中に消滅してしまいます。

~中略~
このムラは、周囲にあった小さなムラムラをとりまとめ、
大きな祭祀行為を行っていたと考えられ、
この地域の中心的なムラとして栄えていました。
矢瀬縄文ムラには、他のムラではあまりみられない水場・祭壇・
巨木柱・四隅袖付炉などと一般的な住居・高床建物・配石墓など、
すべての要素がセットで確認できます。
云々。。。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その9

===
縄文時代は、狩猟と採集によって食べ物を手に入れていましたが、
弓矢など道具が充実し狩りや魚取りが盛んになり、土器の煮炊きにより
多くの物が食べられるようになり、暮らしは大きく変わりました。
多くの人々が長期間、同じ場所に住むことができる豊かな経済力を得ました。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その7

みなかみ町、矢瀬遺跡。その8

縄文社会は、およそ10000年以上にもわたり続きましたが、
人々はよく生きるために常に工夫し、積極的に改良し、
生活はゆっくりと確実に発達していきました。
原始的な社会集団の中で、経験に培われた新たな知恵とすぐれた技術を身に付け、
高い文化力を受け継いでいきました。

縄文人は、太陽と水と緑の大地に育まれた大自然の恵みをめいっぱい受け、
造成工事や栽培・飼育など人為的に働きかけながらも自然と共生していました。
自然への恐れと敬いの心は、独特な祈りや祭りによる精神・信仰を生み出し、
たくましい生命力がみなぎっていました。
云々。。。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その13

■土偶
粘土で作った人形。草創期~早期は簡易な女性表現で、
中期にヴィーナス土偶など豊かな形になり、後期のハート形土偶や
晩期の遮光器土偶を代表に様々な土偶が盛んに作られた。
完全な形で残っているものは珍しく、ほとんど頭・手・足・胴に割られ
復元できず祭祀的な行為に使われていた。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その14

■石棒
石を細長く磨き上げ、先端部もしくは両端にふくらみがある石器。
男性の性器を模している。
中期は太く大きなものが多いが、後・晩期は細身が主流で、
剣や刀を模したものやミニチュアが登場する。
地方によっては、住居内や炉の近くに立てている。
変成岩を使用したものが多い。


みなかみ町、矢瀬遺跡。その15

■石冠・石鋸・独鈷石
機能や用途またその形が意味不明の道具。
冠・鋸・独鈷(密教の道具)のような形であることから名付けられた。
縄文人の精神世界を支えていた信仰や呪術は、後・晩期に
異様なまでに発展するが、弥生時代の幕開けとともに消えていく。
未だ、その道具類は謎のベールの中。
云々。。。

なかなか興味シンシンな遺跡です!特に、
〝縄文人の精神世界を支えていた信仰や呪術は、
後・晩期に異様なまでに発展するが〟という記述は、
どんなに神秘的なんだろうー?とワクワクさせられます。

もしかしたら私が思っているよりも、
はるかに未来的な、そして民族的な生活があったんじゃないかなー、
なんて想像してしまうわけです★



以前の記事はこちらから。
月夜野びーどろパーク。[みなかみ町]

【矢瀬遺跡】
@群馬県利根郡みなかみ町月夜野


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


【omake】

みなかみ町、矢瀬遺跡。その10

源義家さんの銅像もありました♪
コメント
この記事へのコメント
無題
私も初めて知りました。みなかみは、まんてん星の湯やたくみの里は行きましたが、今度、行ってみます!
2013/09/20(金) 07:59 | URL | アゲイン #-[ 編集]
アゲイン さま★
三内丸山遺跡みたいな大きな柱の建物跡があったりして、
ナニゲに興味をそそられました★
ぜひぜひ。おススメの縄文遺跡です。
2013/09/20(金) 11:12 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する