FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

福岡市志賀島・金印公園。

=== 案内板より ===
金印公園
この地は後漢(現在の中国)の光武帝が奴国
(現在の福岡市を中心とする地)の使者に授けたといわれる金印(国宝)が
発見された場所としてわが国の歴史上、重要な地とされています。

印綬伝来から1900余年を経過したいま、この地に立って
博多湾、玄界灘を望みながら遠く中国大陸と交流があった当時をしのべば、
私たちの心に新たな感銘を呼びおこすでしょう。
云々。。。

福岡市志賀島・金印公園。

===
金印て何でしょう?
実物の金印は、一辺の長さが2.3cm、高さが2.2cm、重さが108.7gの
非常に小さなもので、ほぼ純金でつくられています。
天明4年(1784年)に、この公園の付近で出土したと推定されています。
中国の「後漢書」によると57年に、後漢の光武帝が、
弥生時代に福岡地方の小国であったとされる「奴国(なこく)」の王に、
この金印を与えたとされています。
現在は国宝に指定され、福岡市博物館に常設展示されています。

頭部の紐通しは、とぐろを巻いた蛇のデザインです。

福岡市志賀島・金印公園。

「漢委奴国王」と記されており、「漢ノ委ノ奴ノ国王
(かんのなのわのこくおう)」と読むのが定説です。
云々。。。


福岡市志賀島・金印公園。

===
実際どんな風に使われていたの?
金印は、大切な公文書や手紙の封印に使われたそうです。
手紙や文書を入れた箱を紐でしばり、その結び目に付けた粘土に
金印を押して封をし、文書の秘密を守るカギの役目を果たしていました。
1世紀という遠い昔に日本と中国との交流を証明する貴重な文化財です。
どんな文書が入っていたかと思うと、ワクワクしませんか?
云々。。。


福岡市志賀島・金印公園。

漢委奴国王」。
この付近で発見されたという「金印」。
九州王朝、邪馬台国、ヤマト王権、いろいろ出てきますねー。
古代日本の歴史の謎解きのカギとなった金印の発見。
小さな公園ですが、すごい場所ですっ。
カナリカンドウ。。。



以前の記事はこちらから。
万葉歌碑・志賀島9号碑。[福岡市志賀島]

【金印公園】
@福岡県福岡市志賀島


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する