ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

宮崎県総合博物館。その1

宮崎県総合博物館」です。

宮崎神宮の境内と言ったら良いのでしょうか?
地図で見ると、社殿の北側にあります♪

宮崎県総合博物館。その2 宮崎県総合博物館。その3

そんなに大きな建物ではなかったのですが、
入って見てビックリ!
ヒジョーに充実した博物館でありましたっ。
しかも無料!(常設展のみ。各展示会の観覧料はその都度決まります。)


宮崎県総合博物館。その5

宮崎県総合博物館。その6 宮崎県総合博物館。その7

宮崎県総合博物館。その4 宮崎県総合博物館。その8
(写真はクリックで大きくなります。)

すごい数の展示資料がありましたが、
ちょこっと気になるものをご紹介します★


宮崎県総合博物館。その9

=== 案内より ===
狩りに明け暮れる日々
旧石器時代の人々は石器を主な狩猟の道具として、
ナウマンゾウ・オオツノシカ・野牛などの大型動物を追いながら
日本列島に住みつき、狩りと食糧採集によって日々を暮らしました。
云々。。。


宮崎県総合博物館。その10


宮崎県総合博物館。その11

===
縄文人の食卓
気候の温暖化によって、縄文人を取り巻く自然環境が豊かになり、
食生活も多彩になりました。

主食はドングリ
縄文土器の深い鉢型は“ドングリのあくぬきを目的として形造られたもの”
との考えもあります。宮崎県内でも、清武町などで
ドングリを貯蔵した穴がみつかっています。


宮崎県総合博物館。その12

===
子持家形埴輪
母屋の前後と左右に2棟の小さな建物が付いた独特の形状をしています。
地方豪族の大型住居を表現したものと考えられていますが、
全国に例のない、西都原古墳群を代表する埴輪の1つです。
云々。。。

船形埴輪
大型の外洋船を表現したものと考えられます。
両はしがゴンドラのように反り上がり、櫂をあてる突起が6対みられます。
船底は丸木船で、上部は板を組み合わせた構造になっています。
云々。。。

宮崎県総合博物館。その13 宮崎県総合博物館。その14

===
地下式横穴墓模型(原寸大)
紀元5世紀前半から6世紀にかけて、南九州地方にみられる
地下に造られた古墳です。地表には低い土盛がきづかれるものもありました。
この実物大の模型は、亡くなるたびに堀り返し、
埋葬がくり返される追葬のようすを再現しています。
云々。。。

宮崎県総合博物館。その15

「鉄剣」と「絹布のついた直刀」。

宮崎県総合博物館。その16 宮崎県総合博物館。その17 宮崎県総合博物館。その18

「よみがえる古墳時代人」。

宮崎県総合博物館。その20 宮崎県総合博物館。その19

遺体を入れた古墳内部には、武器、装身具、鏡、工具、
土器などさまざまな副葬品が納められています。

古墳時代のよろい
古墳時代のよろいは、三角形や帯状に切った鉄板を皮でとじたり、
鋲で留めて作られています。
これらのよろいは、作り方に地方色がみられないことから、
中央の工房で製作された後、地方に配布されたものと考えられています。


宮崎県総合博物館。その21 宮崎県総合博物館。その22

日向国誕生の風景
古事記は「朝日のさす国、夕日の照る国、この地は
はなはだいい土地柄である」とその誕生を祝って記しています。

「天書」や「倭名類聚抄」。

荘園と人々の日常
平安時代、地方の豪族や寺院は土地を開発し、
権力のある貴族などにその土地を寄進(所有する権利を委任)
していました。また、彼らは荘園を管理するために
武装していくようになりました。

宮崎県総合博物館。その23 宮崎県総合博物館。その24 宮崎県総合博物館。その25

「論山勝訴を願った刻字が残っている狛犬」と
「宗麟原供養塔」。


宮崎県総合博物館。その30

宮崎県総合博物館。その31 宮崎県総合博物館。その33 宮崎県総合博物館。その32

いのりとまつり」。


宮崎県総合博物館。その26

山・里・海に生きる人々にとって、仕事とともに大切なことは、
神や仏に日々の安らかなくらしをいのり、
五穀豊穣・豊猟・大漁を願い、そして感謝することでした。

宮崎県総合博物館。その28 宮崎県総合博物館。その27

そのために犠牲になった生き物の霊を供養することも忘れず、
家々では儀礼や年中行事を通していのり、集落の氏神様には
人々が集まり、にぎやかにまつりを行ってきました。


宮崎県総合博物館。その29

そうした人々のいのりと願いが現代にまで
ふるさとの伝承として残されてきました。
云々。。。


やっぱりすごいっ。
宮崎の歴史と文化でした!



以前の記事はこちらから。
宮崎神宮。Vol.2 [宮崎県宮崎市]

【宮崎県総合博物館】
@宮崎県宮崎市神宮2丁目4-4
観覧時間/9:00~17:00
休館日/火曜日(祝日の場合は翌日)
入館料/常設展は無料


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する