ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

=== リーフレットより ===
ご祭神 神日本磐余彦尊天皇(かむやまといわれひこのみこと・神武天皇)
相殿鸕鷀草葺不合尊 右 玉依姫命
神武天皇のご偉業
神日本磐余彦尊天皇は、ご幼名を狭野命と申し上げました。
天照大御神から5代目の御孫にあたります。
鸕鷀草葺不合尊(鵜戸神宮ご祭神)の第四皇子で、母は玉依姫命と申します。

天皇は、御年15歳の時皇太子に即かれ、政治(まつりごと)をとられましたが
当時は未だ全国統一がなされた時代ではなく
皇威が全国に輝くというわけではありませんでした。
そこで天皇は父祖のご意志を継ぎ天下万民が幸せに暮らせるようにとお考えになり、
御年45歳の時に都を日本の中央に遷すべく、美々津の港から船出され、
ご東征の途につかれました。


宮崎神宮。その16

「宮崎の宮」(宮崎神宮所蔵)。


皇軍は、海路速吸門(豊予海峡)を通過、菟狭(うさ・大分県)、岡水門(福岡県)、
埃宮(えのみや・広島県)にお寄りになり、翌年3月には更に高嶋宮(岡山県)に到り、
3年を行宮に座して軍備を整えられました。
それから浪速路の河内国草香邑(大阪府)に上陸されたのですが、
賊酋長髄彦が降服しなかったことから、遂に道を改め、海路紀伊国へ
熊野路(和歌山県)から攻め入らせられたのです。

此の間、皇兄五瀬命(いつせのみこと)は戦傷で薨去され、
また熊野灘では皇兄三毛沼入野命(みけいりぬのみこと)と稲飯命
(いなひのみこと)を始め幾多の将兵を失われるなど、
苦戦艱難をなめさせられました。

熊野に上陸すると天皇は、高倉下や八咫烏の忠勤によって大和に攻め入り
ご平定遊ばされました。
そして、畝傍の橿原に宮殿を建てさせられ「八紘を掩いて宇と為さむ」
とおっしゃって、第一代の天皇(神武天皇)にご即位遊ばされました。
ここに我が国の建国はめでたく成就されたのです。


宮崎神宮。その17

宮崎神宮の創建
社伝によれば、本宮は神武天皇の孫にあたる健磐龍命(たけいわたつのみこと
熊本・阿蘇神社ご祭神)が九州の長官に就任した際、祖父のご遺徳をたたえるために
鎮祭したのが始まりと伝えられています。


宮崎神宮。その18

下って第10代崇神天皇、第12代景行天王の熊襲ご征討の際に社殿のご造営があり、
ついで第15代応神天皇の御代、日向の国造が修造鎮祭せられた旨が
旧記に伝えられています。


宮崎神宮。その19

現在の社殿は明治40年に建て替えられたもので日向の名材狭野杉を用い
白木で銅板葺きの神明造りです。
云々。。。


以前の記事はこちらから。
宮崎神宮。Vol.1 [宮崎県宮崎市]

【宮崎神宮】
@宮崎県宮崎市神宮2丁目


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する