FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

INFORMATION THE SAITOBARU BURIAL MOUNDS。

「三角縁神獣鏡」 13号墳出土。


=== 案内より ===
特別史跡 西都原古墳群のご案内
特別史跡西都原古墳群は、東西2.6km、南北4.2kmの広範囲に広がる
全国最大規模の古墳群です。
前方後円墳31基・円墳279基・方墳1基で南九州独自の
地下式横穴墓も混在しています。


INFORMATION THE SAITOBARU BURIAL MOUNDS。

「埴輪 船」 169号墳出土。


古墳時代の初頭(3世紀末~4世紀初め)、複数のグループの首長(豪族)が
台地縁辺を中心に築造を開始します。
5世紀前半には、それらを統一するように
男狭穂塚(おさほづか・列島最大の帆立貝形古墳)、
女狭穂塚(めさほづか・九州島最大の前方後円墳)が築かれます。


INFORMATION THE SAITOBARU BURIAL MOUNDS。

「埴輪 子持家」 169号墳出土。


6世紀末、巨石を用いた横穴式石室を持つ鬼の窟古墳を最後に、
西都原における首長墓の築造は終了します。


INFORMATION THE SAITOBARU BURIAL MOUNDS。

「短甲」 4号地下式横穴墓出土。


古墳群では、1912~1917(大正元~6)年に、
30基が発掘調査されました。
また、1966(昭和41)年からは「風土記の丘」として整備が行われ、
国、県、市、地元住民の協力により、豊かな自然景観と
優れた歴史的景観が守り継がれてきました。

1996(平成7)年度からは、古墳群の保存と活用を目的に
調査と整備が行われています。
云々。。。


すごいなー。
以前、群馬県渋川市の「金井東裏遺跡」から
短甲を装着したままの状態の人が発掘されましたが、
やっぱりこちらのように、実際にあったんですねー。
今では埴輪でしか知ることのできない、船や子持家も
古墳時代に実際あったものなのでしょうねー。

興味シンシン、
恐るべし西都原古墳群!



以前の記事はこちらから。
西都原古墳群、205号墳。 「宮崎県西都市」
金井東裏遺跡から出たっ。

【170号墳】
@宮崎県西都市大字三宅


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する