FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

太田市市場町、琴平神社。その1

前回の「市場の大ケヤキ」。
道路をはさんでちょうど合い向かいにあります。
琴平神社 kotohira」。in 太田市。


太田市市場町、琴平神社。その2

社殿が一つの小さな神社さんです。
境内には、新ぐんま名木入選の記念碑がありました。

=== 記念碑より ===
新ぐんま名木十選入選記念碑
琴平神社の祭神は大物主命にあらせられ古来より願望の神とされ
亦開運並に諸災消除にあらたかな神として崇められている。

今回みどりの地球キャンペーンが読売新聞社主催の国際花と緑の企画が発表され
はからずも市場の大ケヤキが県内の名木十選に推薦され平成2年4月の博覧会に
「新日本名木百選」の本県代表として披露され千載の青史に記録される
に至ったことは先住祖先の偉大なる足跡が偲ばれ地域住民として栄誉之に
すぐるものはありません。


そもゝ大ケヤキは古くより住民の御神木として親しまれ
多くの伝説を秘め名木として崇拝されている又
かつて戦国時代市場城の辰巳の方に位しており其の古き歴史を
物語っている御神木についてはかつて同郷の戦士が異郷にありて
遠く南十字星の彼方より祖国家郷の大樹の下で戯れし頃を想い
そぞろ郷愁の念もひとしおだったとも聴く。


太田市市場町、琴平神社。その3

その樹齢も長い幾星霜の風雪に堪え乍凡そ約500年以上と推定される
其の過程には落雷及び大正昭和と2回に亘り火災に遭い洞穴内部は炭状に
腐朽して今尚其の痕跡をとどめている
旺盛期は雄大にして高く中空に聳え地上より低くして三枝となり
根張り良く地表に露出して其の一枝は対岸迠伸び盆栽型の偉容は正に其の
荘厳さを象徴している

昭和56年度太田市の天然記念物となる。
今度はからずも時同じくして神社の整備事業が多数の方々による
奉納供進を以っての完成を機会に限りある市場の大ケヤキの名を
後世に伝承するため記念事業の一環として茲に小碑を建て
諸事の記録とします。
維持 平成元年11月吉日 建之
云々。。。


===
柄杓奉納所
昔より願事、病の完治を祈願する者多く、
それが叶った時に柄杓の底をぬいて奉納するいい傳へ在り
云々。。。


神社の由緒より大ケヤキの説明の方が大きいんですねー。
前橋の「産泰神社」にも柄杓の底を抜いて奉納する習慣があります。
ナニゲに興味深い風習です。。。



以前の市場町はこちらから。
市場の大ケヤキ。 [太田市]

【琴平神社】
@群馬県太田市市場町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する