ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

太田市・巌穴山古墳。その1

北関東自動車道、太田IC付近。
高速道路から見える案内板に、
〝なんだろな~〟と気になっていました。
そう!まさしくそれは「巌穴山古墳」でした★


太田市・巌穴山古墳。その2

=== 案内板より ===
巌穴山古墳(いわあなやまこふん)
一辺36.5m(現存墳丘部30m)、高さ6mの方墳である。
墳丘四辺の方位がそれぞれ東西南北にほぼ一致している。
発掘調査により幅7mの周堀が検出されている。葺石・埴輪は
確認されていない。

太田市・巌穴山古墳。その5 太田市・巌穴山古墳。その4 太田市・巌穴山古墳。その6
(写真はクリックで大きくなります。)

墳丘南部に横穴式石室が開口している。
石室は複式構造をとる大型のものでチャートや凝灰石の自然石を用いて
築造されている。現存する石室の全長は13.4mである。


太田市・巌穴山古墳。その3

出土遺物には玄室内から土師器片・人骨片・金環・刀装具・
羨道から須恵器提瓶等がある。
築造時期は古墳時代終末期の7世紀中頃と考えられている。
終末期の古墳としては太田市唯一の方墳である。

かつてはこの古墳周辺に十数基の古墳があったが、現存するのは
保存状態の悪い4基の円墳のみである。
巌穴山古墳はこの古墳群の中心的存在であったと推定される。

古墳南西の金山山麓には全国的にも有数の須恵器窯跡群があり、
また南東の大道東・大道西遺跡や北東の楽前遺跡からは
窯跡群と同時期の大集落が発見されている。
被葬者はこれらを支配したこの地方の主導的立場にあった
豪族と考えられている。
云々。。。


なんだか久しぶりの〝古墳〟でした(笑
「墳丘四辺の方位がそれぞれ東西南北にほぼ一致している」、
というのはヒジョーに興味深いなぁ♪
貴方も古墳でデート、なんて如何ですか?



以前の古墳はこちらから。
甘楽PAにて。 [甘楽郡甘楽町]
森将軍塚古墳館。 [千曲市]
根塚遺跡。 [長野県木島平村]

【巌穴山古墳】
@群馬県太田市東今泉町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する