FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その2

東御市には歌舞伎舞台が二つあって、祢津日吉神社に一つと、
もう一つがこちらの「祢津健事神社」の境内にあります。

東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その3 東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その4 東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その1
(写真はクリックで大きくなります。)

歴史のある神社さんのようで、
周りには摂社、末社とたくさんの小さい神社が集まっています。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その5

東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その6

「拝殿」です。
軒先に〝平成16年甲申歳〟と書かれた「一の御柱」と
「二の御柱」の切り株が立っています。さすが信州☆


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その7

朱に彩られた「本殿」と、

東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その8 東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その9

本殿裏の「境内社」。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その10 東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その11

東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その12

境内の左右に立つ「一の御柱」と「二の御柱」。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その13

たくさんの「石燈籠」。

そして肝心の歌舞伎舞台ですが。。。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その16

こちらであります♪

=== 案内板より ===
西宮の歌舞伎舞台
この歌舞伎舞台(まわし舞台)は、西宮の田畑家にのこっている文書によると、
文化13年(1816年)に造られたことがはっきりとしている。

まわしのない舞台では、この舞台より古いものが報告されているが、
まわしのある舞台で今でも使用できる舞台としては
日本で最も古い舞台であるといわれている。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その15

この舞台の構造は、桁行八間、梁間四間半、後方四間に一間の下屋がつき、
建坪は約40坪、屋根は寄棟造茅葺き(現在はトタン葺き)崖づくり、
床高は前面桟敷から2.64尺、奈落で7尺、柱高10.9尺、
舞台は総板張り、奈落は土間となっている。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その14

・舞台は大臣柱の間が四間、まわしは直径三間。
・回り舞台は二条の溝がきざまれており、この溝と舞台の溝とを一致させ、
 せりわけ・せり出しによって二重屋台を動かす。
・せりあげ・せりさげは舞台の前面に三か所あり、人力によって操作された。
・高座・下座は建物の中にとりこみ、窓を斜めに張り出している。


東御市・祢津健事神社と歌舞伎舞台。その17

この舞台の構造は、江戸の歌舞伎舞台の構造に近い。
江戸では大臣柱が宝暦(1751~1764年)にはなくなっているが、
この舞台には現存しているなど、演劇史上からも貴重である。

歌舞伎は、ごく近年まで、村の人たちによって演じられ、
例祭とか、秋の豊年祝などに舞台があき、娯楽の少なかった
当時の村人たちとの生活と密着していたものと思われる。
云々。。。


神社の境内にある歌舞伎舞台。
こちらの舞台では、今でも歌舞伎が演じられているのでしょうか?
興味シンシン、なかなか良いモノを拝見出来た1日であります。
ウムム。。。



以前の記事はこちらから。
祢津日吉神社と歌舞伎舞台。 [東御市]

【西宮の歌舞伎舞台】
@長野県東御市祢津


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する