ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その1

国道18号線。軽井沢から上田市までの浅間南麓を走る区間、
通称「浅間サンライン」。
それに並走するように走る県道79号線。
途中、東御市にある道の駅「雷電くるみの里」であります。


東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その4

この地、信濃国小県郡大石村(東御市滋野)は、
江戸時代に活躍したの名力士「雷電」さんの故郷でもあります。
資料館の入り口に立つ雷電さんの銅像。

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その2 東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その5

こちらは山浦さんご兄弟を讃える石碑と力石。

=== 案内より ===
刀剣界の日本的名工、山浦真雄・清麿兄弟、真雄の子兼虎は
現在の東御市(旧赤岩村)で生まれました。
山浦兄弟は一途に鍛刀生活を続け、多くの先輩名工を越えて
山浦風といわれる独特な作風を作り上げ、その名声は高く、
多くの名刀を残しています。
云々。。。

===
大石に残されていた力石
表面に「大石 三十六メ目(約135kg)」と刻まれている。
本海野の白鳥神社(四十一メ五百)と、田中の天神町薬師堂仁王像脇
(二十メ 田中区)にも同様の力石があり、いずれも雷電と関係が深い場所に
残されている。
大石の力石は、道の駅・雷電くるみの里の開設に伴い、
ここに設置された。
云々。。。


東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その16

ではでは道の駅に併設されている
「雷電資料館」へGO★


東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その18

===
天下無類の力士なり
明和4年(1767)、信濃の国は浅間山のふもとの里、大石から
天下無類・怪力無双というにふさわしい力士、雷電為右衛門が誕生しました。
寛政2年(1790)11月、いきなり西方関脇に付け出され、8勝2預かりの成績を
収めました。
当時の相撲界を代表する谷風・小野川をも上回る成績で、
幕内最高成績をあげてのデビューでした。

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その6 東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その7
(写真はクリックで大きくなります。)

初出場で関脇に付け出されたのも驚くべきことですが、その上
8勝負けなしの成績は信じ難いことです。
翌寛政3年、11代将軍家斉侯の上覧相撲が江戸城内吹上苑において催された際、
結び前の取り組みが雷電対陣幕でしたが、この時は意外にも雷電が陣幕に
「のどづめ」で負けています。

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その8 東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その14 東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その15

この結果を知った何者かにより落首がなされました。
「陣幕に張りつめられし御上覧 今年や負けても来年(雷電)は勝つ」と、
狂歌にまで詠まれましたが、その後、陣幕には二度と負けませんでした。
云々。。。

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その17

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その9

===
横綱を締めなかった雷電!?
雷電ほどの力士が、なぜ横綱を締めなかったのでしょう。
雷電最大の謎とされていますが、横綱が今と同じ扱いになるのは
明治時代のことで、谷風・小野川以降40年ほど横綱は不在でした。


東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その13

雷電が活躍した時期には、横綱を必要としなかったとする説・
雷電が辞退したとする説がありますが、定かではありません。
云々。。。


東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その10

ちょっと面白い写真も飾られていましたっ。
そうそうたるメンバーが写っています★

東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その11 東御市・「道の駅」雷電くるみの里。その12

===
この写真は慶応元年(1865年)2月、勤王志士たちが密かに
長崎に集結した時の記念写真です。
写真中央に写っている、ウイリアム・フルベッキ(当時5歳)の孫に当たる、
中村保志孝氏が所持していたものです。
力士雷電為右ヱ門顕彰の碑文を書いた佐久間象山は、この半年前
(元治元年7月11日)に、尊攘派によって暗殺されました。
云々。。。


さてさて、
ここ、雷電くるみの里からほどなくのところに、
雷電の生家、お墓、そして雷電の碑があります。

負け知らずの雷電さん、勝負事にご利益があるかな。



以前の記事はこちらから。
寺ノ浦(てらのうら)石器時代住居跡。 [小諸市]

【道の駅 雷電くるみの里】
@長野県東御市滋野


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する