FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

桐生市は織物の産地として栄えた歴史があります。
「西の西陣・東の桐生」と云われたほどその栄華を極めたそう。
今でも、このまちには「織物のまち」として繁栄した名残を
まちのあちこちで見つけることができます。
私も大好きなまちなのです。。

そして、桐生には素敵なお店が多いのも魅力のひとつ。
今日は京甘味の「祇園」さんを紹介します。
「ここには京都の空気がある…」
そう感じさせる甘味処です。
御室(おむろ)と呼ばれる個室を予約して
京甘味をいただいてきました。

桐生 京甘味 祇園

「祇園」さんの演出は、玄関へと続くアプローチからはじまっています。
少し陽の落ちた夕方だと、ほんとうに雰囲気が良い。
ほんわりとした灯りの中、京の世界へ一歩…。。。

店内に入るとまず、柔らかなお香の香り。
御室はお店の一番奥の離れにあります。
大きな窓のある和室で、ほっと落ち着きました。
個室なので、ゆっくりプライベートな時間を過ごせます。
桐生 京甘味 祇園 中庭

桐生 京甘味 祇園 御室 離れ


注文したのは「生麩ぜんざい」と「クリーム抹茶あんみつ」
あとはお抹茶。
お茶に詳しくないBECCANはお品書きを見ても
漢字の読み方も分からなかったのですが、お店の方に教えてもらい
「栂尾」(とがのお)と「槙尾」(まきのお)を選びました。
前者は少し苦味があること、後者はまろやかな感じが特長だそう。

桐生 京甘味 祇園 クリーム抹茶あんみつ
美しく華やかなクリーム抹茶あんみつ
白玉のやわらかくモチモチとした食感と、
抹茶の香り高いアイスクリームのコンビネーションが感動もの。
器にも品の良さが感じられて。。。

桐生 京甘味 祇園 生麩ぜんざい
生麩ぜんざいはこの季節にぴったり。
おなかにやさしそうであったかです。
こちらの餡の美味しさはほかにありません。
…と断言してもよいかと思います。
お口直しの塩昆布も程よい塩味でお気に入り。

桐生 京甘味 祇園 抹茶
お抹茶も京都のもの。

「祇園」には、おかみさんの大好きな
「京都」が、見事に再現されています。
豆の種類、餡の作り方、お茶の種類、グラス、漆器、焼物など
全てがおかみさんの厳しい審美眼と味覚の賜物。
「本当に丁寧な仕事をなさる方だな」というのは
こちらの甘味をひとくちいただけば分かること。

ここに来ると私の背筋が「すっく」と伸びるのは
このお店全体から、美しい京都の佇まいが
感じられるからだと思います。

【PS】
お店の前にはお寺さんがあります。
夕刻参った私たちは、お寺の鐘の音を聞く事ができました。
ゴ~ン、……ゴ~ンと聞こえる鐘は風情があって
一瞬本当に京都の夕暮れを見ているんじゃないかと錯覚したほど…
離れのご利用をおすすめしたいです。
ホントに素敵!


京甘味 祇園
群馬県@桐生市新宿3-13-15
電 話 /0277-43-2266
営業時間/午前11時~午後7時(L.O午後6時30分)
お休みは火曜

京甘味 祇園
コメント
この記事へのコメント
明後日、祇園さんに行ってきます。京都が大好きで尼崎に住んでいた頃は月1で。最近は半年に1度のペースで行ってます。京かのこさん、伊織さんなどの料理屋さんはあっても甘味処は近くになかったので、楽しみです。
2007/07/09(月) 18:44 | URL | みぃ #-[ 編集]
みぃさま★
京都がお好きなら、きっと「祇園」さんは
お気に召すと思いますよ。
私は、実際京都に行く機会はないけれど
「祇園」さんの雰囲気で「京都気分」に
浸ってしまいました♪
行かれたら、感想教えて下さいね。
コメントありがとうございました。
2007/07/10(火) 12:52 | URL | BECCAN #-[ 編集]
行ってきました~!抹茶パフェをいただきました。甘さ控えめでめっちゃ、美味しかったです。特に小豆。美味しく炊いてありましたね。友達と「もうひとつ、いけそう」なぁんて言いながら、あっというまにいただいてしまいました。お店も、銀閣寺や祇王寺など少しずつ取り入れ、本当に素敵でした。女将さんのお母様に個室を見せていただきお話を聞かせていただきました。女将さんは、小森さんと、末富さんで学んだそうですね。そうそう、駐車場に車を止めたときに塀に小さな鳥居を見つけ「こまかいところにも京都を再現されているなぁ」と店に入る前から興奮してしまいました。
2007/07/11(水) 23:01 | URL | みぃ #-[ 編集]
みいさま★
わぁ☆早速行かれたのですね?
こんなに感想を書いてくれて
自分のお店でもないのに、
なんだかとっても嬉しくなってしまいました♪
小豆は女将さんが早朝起きして丹念に
煮詰めていらっしゃるのだとか。
ひとつひとつが本当に丁寧なの。
また、行きたいなぁ、私も…。
2007/07/12(木) 08:59 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/269-57bc6880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック