ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

東御市・戌立石器時代住居跡。その1

=== 案内板より ===
国史跡 戌立石器時代住居跡
この住居跡は縄文時代中期末(約4千年前)のもので、
敷石部をともなう住居跡である。
昭和5年に敷石のある住居跡(柱穴、炉及び炭跡六か所)、獣骨片、土器類、
麿製石斧、石鏃、石皿破片などが発見された。 

三方が峰の南麓、南傾斜の扇状地の上部、標高770mの地点に位置し、
付近には伊勢の宮、寺浦(ともに現在は小諸市分)のほか、
広い範囲にわたって集落跡が確認されており、大集落跡であるとおもわれる。

昭和8年文部省の指定史跡となり、昭和25年の文化財保護法制定後も
史跡に指定されている。
この地に建つ復元住居は、昭和63年度に建てられた。
云々。。。


東御市・戌立石器時代住居跡。その4

大きな石がゴロゴロところがっているのが
住居跡。パッと見、住居跡と分からないかな?


東御市・戌立石器時代住居跡。その3

復元住居の中はこんなです♪


東御市・戌立石器時代住居跡。その2

こちらは炉。

昭和8年に建てられた復元住居。
発掘された遺構に復元施設を建てたのは日本で初めてだったそう。
しかし、落雷によって焼失してしまい、現在の復元住居は
昭和63年に再建したものだそうです。




以前の記事はこちらから。
佐久平PA、佐久平ハイウェイオアシス パラダ。 [佐久市]

【石器時代住居跡】
@長野県東御市滋野


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する