FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その1

松本市・浅間温泉「東石川旅館」さんです。
蔵造りの渋い建物、純和風で落ち着きのある部屋。
しかし何よりも24時間入浴できて、源泉かけ流し★
これに惹かれました♪

こちらは内湯です。
外には庭園露天風呂


松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その2

初めての浅間温泉。
アルカリ単純泉で、肌がつるつるになる美人のお湯系。
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性などに効くのだとか。

松本城も近いし、良いかなぁ~、なんてなんとなくでしたが、
開湯1300年以上を誇る信州の古湯。
ナニゲにその歴史は深かった。。。


浅間温泉の起こり。それは古代にまでさかのぼります。
日本書紀によると天武天皇が白鳳13年(684)に、
「・・・信濃国に遣わして地の形を見しむ。特に是の地に都せんとするか」、
翌年14年には
「・・・信濃に遣わして行官を造らしむ。蓋し束間の温湯に幸せんと擬すか」
と記されています。


松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その3

木曽ひのき 源泉掛け流し貸切露天風呂

天武天皇が行宮を計画した「束間(つかま)の湯」。
この温泉が今の浅間温泉ではないかと云われています。
温泉周辺に多くある古墳が、その裏付けだとか。

束間(つかま)の湯は後に「筑摩の湯」と呼ばれるようになります。


松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その4

一般的には、平安時代の天慶2年(939)に、土地の豪族
犬飼半左衛門によって発見されたと伝えられます。
「犬飼の湯」です★
犬飼って野沢温泉にもあったなぁ。。。↓
野沢温泉GURURI旅 その2 大湯 [北信州・野沢温泉]

「吾妻鏡」文治2年(1186)に浅間社の名前があり、
おそらく1000年頃には浅間温泉と呼ばれていたのではないかと
推測されているそうです。

また、浅間温泉内の「桜ヶ丘古墳」からは〝金銅天冠〟が発掘され、
渡来人の足跡もうかがえます。


松本市・浅間温泉、東石川旅館さん。その5

江戸時代に入ると、浅間温泉には初代松本藩主石川数正により
「御殿湯」が置かれ、その初代湯守には、石川数正の三男康次の子である
石川昌光が就任しました。

同時に、城主や臣下の武士たちの別邸が建ち並び、
この頃より浅間温泉は「松本の奥座敷」と呼ばれることになります。
今の〝枇杷の湯〟が当時の御殿湯の詰所の跡です。


う~ん、深いなぁ。。。
歴史のご馳走がテンコ盛り、みたいな。
細かく調べて行けばもっとオモシロイかも★

「東石川旅館」さんにて、歴史を知るの巻。
さぁ、もう一風呂浴びて来よう。
ウムム。。。



以前の記事はこちらから。
豆腐料理 まるゐ(まるい)。 [松本市浅間温泉]

【東石川旅館】
@長野県松本市浅間温泉1-29-3
TEL/0263-46-1024


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する