ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その1

「千曲市城山史跡公園」です。
戦国時代、「荒砥城 arato-jo」というお城があった場所であります。


=== リーフレットより ===
荒砥(あらと)城は今から約400年前に、この地を治めていた村上氏の一族である
「山田氏」によって築かれた城で、郭(くるわ)が連なるように並んでいるところから、
『連郭式山城』と呼ばれています。

千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その2 千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その3

この時代は、全国各地で戦が繰り広げられていた戦国時代という時代です。
この地も例外ではなく、荒砥城と千曲川をはさんだ対岸の山頂に築かれた
葛尾(かつらお)城の城主村上義清は、上田原の戦い(1548年)や
戸石城の戦い(1550年)では武田信玄との戦に勝ち、領地を守ってきましたが、
武田軍の圧倒的な軍勢の前に、1553年、ついに葛尾城は落城し、
荒砥城もこの戦いで城主を失い、山田氏は滅亡してしまいます。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その4

その後、川中島の戦い(1553年~1564年)を経て
荒砥城は上杉氏の治める城となりますが、海津城の副将であった屋代秀正は
上杉方に背き、海津城を出て荒砥城に篭ります。
1584年、上杉軍に攻められた荒砥城は落城して廃城となり、
城としての役割を終えます。
云々。。。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その8

山城ですから、穏やかとは言え上り坂が続きます(汗、、、
「二の郭」にある見張り台の「櫓」です。

千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その5 千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その6 千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その14
(写真はクリックで大きくなります。)

眼下には、千曲川、戸倉上山田温泉を見下ろし、
ヒジョーに良い眺めであります。
絶景かな。


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その7

同じく二の郭にある「兵舎」。
こちらには、荒砥城に関係する出土品資料、歴史紹介のパネルや
ジオラマが展示されています。
また、当時の様子や出来事、城の構造、
戸倉上山田温泉の観光案内がビデオ上映されています★


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その15

さらに上に行くと。。。
一つ目の門、


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その16

二つ目の門をくぐり、


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その17

「本郭」であります。
戦いの時に城主が入る「館(正面)」と
「兵舎(右)」が再現されています♪


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その18

さすがにここからの眺めは絶景であります★


千曲市城山史跡公園、荒砥城跡。その19

=== 展示資料より ===
葛尾城落城
武力侵攻に難航した信玄は、武田の信濃先方衆である
真田幸隆の調略により、天文20(1551)年5月に砥石城を乗っ取り、
続いて村上氏の有力家臣らを寝返らせた。
このため義清は大混乱に陥り、本拠地葛城城や荒砥城を放棄し、
上杉謙信を頼って越後に落ち延びた。
云々。。。


時代は武田信玄、上杉謙信、戦国真っ只中。
興味シンシンであります★



以前の記事はこちらから。
カラコロの足湯。 [千曲市*戸倉上山田温泉]

【千曲市城山史跡公園(荒砥城跡)】
@長野県千曲市大字上山田3509-1
開園時間/9:00~17:00
入園料/一般・300円、中学生以下・無料
おやすみ/12月28日~1月3日


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する