ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その1 カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その5

温泉街の真ん中。
神楽殿風のステージ、
飲泉所や東屋のある「水と緑と潤いのある公園」。


カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その2

こちらにある足湯。「カラコロの足湯」というそうです。
戸倉上山田温泉特有のやわらかな硫黄の香り。
なめらかなお湯で、足もツルツルになります。


カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その3

そして、開湯百年記念碑と案内板。


カラコロの足湯、戸倉上山田温泉。その4

=== 案内板より ===
上山田温泉ヒストリー
上山田温泉は、明治36年に字下河原の千曲川分流の岸辺に開いた
二間(3.6m)四方の男女別浴槽と、一間四方の特等浴槽2槽の
第一浴室「かめ乃湯」が始まりです。
湯壷は79尺(23.9m)堀り、華氏135度(57.2℃)の温泉が出ました。

明治40年(1907)に温泉を維持管理する上山田温泉株式会社が設立され、
明治45年には信越線戸倉停車場が開業、
大正3年に大正橋が架設されて乗り合い自動車が走り、
街路灯のある温泉街が賑やかになりました。
大通りの突きあたりは第二浴室と水天宮を祀る公園でした。

内湯旅館ができたのは大正11年で、散歩道や運動場の整備が進んで
浴客で賑わう温泉街となりました。
云々。。。


温泉に歴史あり、であります。。。



以前の記事はこちらから。
湯元 上山田ホテル。 [千曲市*戸倉上山田温泉]

【カラコロの足湯】
@長野県千曲市上山田温泉
利用時間/6:30~21:00


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する