ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

長野県立歴史館。その1

=== 案内板より ===
御柱(おんばしら)
御柱は寅年と申年の7年目毎に神殿の御造営と共に建替えられる御神木で
社殿の四隅に建立される。
この御柱は秋宮一之御柱で長さ17米直径1米の樅の大木で
霧ヵ峰高原に続く東俣国有林伐採し数千人の氏子奉仕によって曳行された。
4月の山出祭、5月の里曳き祭は天下の奇祭として有名である。
云々。。。

長野県立歴史館。その2

===
天下の大祭 諏訪大社
御柱祭りと御幣
信濃国一之宮である諏訪大社では今から1200年あまり前の桓武天皇の頃より
寅・申の歳、7年毎に式年造営御柱大祭が行われてきました。
御柱は樹齢150年以上の樅の大木で10数キロメートルにおよぶ
山奥から曳き出されます。

長さ20メートル、重さは12トン、この大木を曳くには、
千人あまりの人々の力が必要です。
遠くまでとどく高い声の木遣(きやり)の唄に合わせて、
神霊が宿るといわれるこの御幣を打ち振り一致協力して
社の四隅に曳きつけ、建てるのです。

山出祭は、豪壮な木落としが見られます。
また里曳祭は、長持、騎馬行列等が華やかな祭を演出します。
云々。。。


長野県立歴史館。その3

===
ナウマンゾウ
野尻湖から出土した化石をもとに復元をした。
全長3.7m、幅1.4m、高さ2.7m、重さ4tほどである。
アジアゾウに比べて体が大きく肩までの高さが高い。
ベレー帽のような形の頭、大きく曲がった牙、小さな耳に特徴がある。

約2万年前の氷河期の寒冷化と、人類の狩猟により絶滅したと考えられる。
云々。。。


長野県立歴史館。その5

千曲市にあります「長野県立歴史館」です。
エントランスでは、いきなり「御柱」、
そして「ナウマンゾウ」が出迎えてくれましたっ。


長野県立歴史館。その4

=== 資料より ===
豊かな山の幸
~前略~
竪穴住居の内には、クマ、シカ、カモシカの毛皮が敷かれています。
炉の中には火にかけた土器の中でやまくりがゆでられています。
夕食の準備をしているのでしょう。炉の脇の浅い鉢にはどんぐり団子に
イノシシの肉やゼンマイ・ミツバなどの煮物が盛られています。

炉のまわりには、どんぐりなどを割る台石とたたき石、それらを粉にする
石皿とすり石などがあります。炉の上の火棚にはヘビの干物もあります。
云々。。。

長野県立歴史館。その6 長野県立歴史館。その7 長野県立歴史館。その8

長野県の歴史と文化。
原始時代から現代までを模型で再現、展示しています。

ハッキリ言って、ヒジョーに素晴らしいっ!
常設展観覧料300円でこのパフォーマンス!
類稀なレベルを誇っていますっ。

来て良かった~、ホント♪


長野県立歴史館。その9

原始、中世、近世、そして近現代のブースと、
ゆっくり拝見できました。そして企画展も♪
(長野県の満州移民と題したコアなもの。すんごい勉強になりますっ。)


長野県立歴史館。その11

「長野県立歴史館」、メチャメチャおすすめです!
ぜひぜひ~。



以前の記事はこちらから。
松代PA にて。 [長野市]

【長野県立歴史館】
@長野県千曲市屋代260-6
TEL/026-274-2000
開館時間/9:00~17:00
常設展観覧料/一般300円、高校・大学生150円、小・中学生70円
おやすみ/月曜日、他


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する