ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

水沼弥生時代住居跡。その1

高崎市倉渕町を走る406号線を北上し、
倉渕郵便局前交差点を左折です。正面にお寺さんが見えますが、
ちょうどその裏手になります。
水沼弥生時代住居跡」!


水沼弥生時代住居跡。その3

=== 案内板より ===
水沼弥生時代住居跡
ここは元水沼小学校の校庭にあたる。
昭和19(1944)年1月を第一次とし、群馬大学の尾崎教授等によって
昭和43(1968)年まで七次にわたる発掘調査が行われた。

遺跡地は、烏川によって形成された段丘の上にある弥生時代後期、
樽式土器の出土する集落跡で、7戸の住居跡が発見された。


水沼弥生時代住居跡。その2

中でも、第2号の住居跡は、一辺約4メートル竪穴式で、
かめ・つぼ・高杯・こしき等が出土した。
また、3号住居跡はからは鉄製の矢じりも出土している。
砥石も2個発見されているので、この時代には鉄器も入っていることが確証できる。
そのほか糸をつむぐ紡錘車も発見された。

当時、水沼と三ノ倉一帯は湿地帯で、この沼地を利用して米作が行われ、
農耕生活を営んでいたものであろう。
対岸の東小の校庭などからも同じ時期の遺跡や遺物が発見されている。
云々。。。


榛名山麓に住んでいた古代の人々。
すごいなぁ。。。



以前の記事はこちらから。
(伝)権田栗毛終焉の地。 [高崎市]

【水沼弥生時代住居跡】
@群馬県高崎市倉渕町水沼


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する