FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

(伝)権田栗毛終焉の地。 [高崎市]その1

座主の森からほどなくデス。
権田栗毛終焉の地」。
権田栗毛とは熊谷直実さんの愛馬。直実さんとは源平合戦、
一の谷の戦いで活躍した武将です。


=== 案内板より ===
(伝)権田栗毛終焉の地
寿永3(1184)年、一の谷に合戦において勇名を馳せた
武蔵国(現埼玉県)の住人、熊谷次郎直実の乗馬「権田栗毛」は、
余命を生まれた土地権田村で過ごさせるため主の許より放たれ、
権田までたどりついたがなつかしい生家は今はなく、
落胆して引き返す途中ついに力尽き、この地で最期をとげたという。

なお、この伝説について次のことが言い伝えられている。


(伝)権田栗毛終焉の地。 [高崎市]その2

一 最期にあたり、この川の上(かみ)に向かって流れる水を飲んだという。
  (俗にこれを「さかさ水」という。)

二 約30メートル山際に入った所に、枕にしたという「枕石」がある。

三 権田栗毛が着用した「鞍」と「くつわ」があったが、
  保管所祐全寺火災の折りに焼失した。
  なお、奥の庭に大きな馬頭観音とのほこらがあり、
  かつては近隣の信仰を集めて、馬をひいて参詣する人も多かったという。
云々。。。


昔は馬の産地であったと云う、
群馬県らしい物語であります。
ウムム。。。



以前の記事はこちらから。
榛名山座主の森。 [高崎市]

【(伝)権田栗毛終焉の地】
@群馬県高崎市倉渕町三ノ倉


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する