ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

=== 案内より ===
薩摩暦と明時館(天文館)
- 日本の暦と薩摩の関わり -
現在、日本を含め世界各国で広く使われている暦は太陽暦の1つである
グレゴリオ暦です。日本では明治5年まで太陰暦が使われていましたが、
太陰暦の明治5年12月3日を太陽暦の明治6年1月1日とする改暦が行われ、
現在に至っています。

日本の暦は、古くは中国から輸入した暦が使われていましたが、室町時代になると
地方で独自の暦も製作され普及するようになりました。
ところが、江戸時代の1685(貞亨2)年、幕府により貞亨暦への改暦が行われると、
暦の作成は幕府の天文方の業務となり、暦の内容も全国的に一律的なものに
なりました。

薩摩藩では中世以来、独自の暦を作ってきたと言われていますが、
この貞亨改暦以降、幕府の天文方に藩士を派遣して天文暦学を学ばせました。


薩摩暦と明時館(天文館)。その1

薩摩の開明政策を推し進めた島津家第25代島津重豪は、1779(安政8)年、
天文観測所である「明時館」を創設しました。
ここでは、渾天儀、枢星鏡、ゾンガラス(サングラス)などを使って
天文観測が行われ、薩摩ではその成果をもとに独自の「薩摩暦」を作成しており、
幕府から特別に藩内の暦を作ることを許されていた唯一の藩でもありました。
なお、いつ幕府の許可を得て、いつから藩内の作暦を始めたかについては
諸説があります。

この明時館は「天文館」とも呼ばれ、これが鹿児島の繁華街
「天文館」の名の由来ともなっています。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
二松学舎跡碑。 [鹿児島市*維新ふるさとの道]

【歴史ロード「維新ふるさとの道」】
@鹿児島県鹿児島市加治屋町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する